その職場が本当に地獄と感じるなら、続けた先には天国などない。

 

人生を構成する数ある要素の中の一つである仕事。

そのたった一つが地獄と化してしまうと、あなたの人生そのものまで地獄になっていくとは思いませんか?

 

人生を良くする、人生のための仕事だったはずなのに、いつの間にか仕事のための人生になっているという人は少なくないでしょう。

実際、仕事が好きで仕事が生きがいで、仕事のためには人生をも捧げるという人もいますし、それはとても幸せな人生とも言えます。

 

しかし、仕事が辛くて辞めたくて毎日地獄とまで感じているのに我慢して、結果、同じく仕事に人生を捧げてしまっているという人は絶対に幸せではありません。ここで聞きます。

 

なぜ辞めない?

 

自分で選んで入社した会社は地獄のような労働環境で、自分の意志で耐えに耐える日々を過ごしている。

気付いてますか?それを変えられるのも自分だけだという事に。

 

この記事で、地獄から天国に通じる道が整備されれば幸いです。

仕事が毎日地獄!その理由は?

 

最大の理由は日本の労働環境の異常性。

 

あなたは自分の職場のどんなところが地獄だと思っていますか?

  • 少ない給料
  • 長い労働時間
  • サービス残業
  • 取りにくい有給休暇
  • 辛い人間関係
  • 異常な程の仕事量
  • 達成不可能なノルマ
  • 無能な上司
  • 執拗に行われるハラスメント

 

少し考えるだけでこれだけの理由としてあがるであろう事柄が予想できてしまう。

というのも、私の前の職場もブラックでしたし、ある程度の思いをしてきたので予想できてしまうのです。

 

ちなみに私の前の職場では、異常な程の仕事量、それに伴う長時間労働、サービス残業、きつい労働の割に少ない給料、無能な上司などが当てはまっていました。

過労死する人はいなかったですが、精神を病んでしまう人や、その予備軍はかなり多かったといえます。

 

殆どの人が知っていると思いますが、過労死という日本発祥の言葉は『karoshi』として英語圏で通用する言葉であり、辞書にまで登録されている言葉なのです。

英語で認められている以上、もはや世界中で通用する言葉と言っても過言ではないでしょう。

 

過労死という死因があることは、日本人的にはあまり違和感を感じないかもしれませんが、世界的にみるとこれは異常。

それは日本の労働環境が特異であることを意味しているといえます。

 

毎日18時に帰れていたら、過労死なんて言葉は存在していないし、休むことの大切さをもっともっと考えてくれる社会であれば、精神的に病んでしまうといったことも少なくなるでしょう。

ですから、この異常な労働環境こそが、仕事を地獄とまで思わせる最大の理由であり、最大の課題ともいえるのです。

仕事が地獄なら、辞めてしまえ!

 

日本の労働環境は異常だが、環境の整っている職場は必ずある。

 

まだまだ我慢を美徳とする風潮が抜けていない日本においては、終身雇用という考えも根強く、せっかく就職した会社を退職することの負い目や、転職を選ぶことに引け目を感じる人も多いでしょう。

しかし、そんな時代はとっくに過ぎ去っており、転職することは当たり前になってきたのを機に、日本という国は、もっともっと転職をプラスに考え、転職しやすい社会の構築に努めるべきといえるのです。

 

とはいえ、そうなるまでには時間が必要であることも事実。

今まさに地獄のような辛い思いをしているならば、急ぐことは退職であり、休息と次への道をじっくり考える時間の確保が必要であるといえます。

 

すぐに退職できないという人も多いでしょう。私は、退職する日を決めて、その数カ月前に会社側に報告しました。

なんでもそうですが、物事の終点を決めてしまうということは非常に大事で、終わりが決まるとそれに向かって動かざるを得ない状況になります。

 

仕事において1週間後に終点(辞める日)を定めることは、無謀ですし、会社側から非常識であるとも言われかねないので、私のように数カ月前とか最低でも1ヵ月はほしいとこですね。

自分が行動しなければ何も変わりませんし、行動するための一歩目として大切な事なのでもう一度言います。

 

終点(辞める日)を決める、それに向かって準備する。

 

辞めることを決断できないのは、辞めた後の数カ月の生活が成り立たなくなってしまうのではないか、という部分が一番ではないでしょうか?

決断できないまま地獄のような日々を耐えながら過ごしているのであれば、気付いていないだけで『うつ病』をはじめとする精神疾患にかかっている可能性も否定できないのです。

 

そしてそれは、ある日突然牙をむきます。そうなってしまってからでは遅い。

辞める日が決まるだけでも、精神的には驚くほど楽になり、自分がどれだけ会社に苦しめられていたのかという事が良くわかります。

 

そして、退職を決断してゆっくり休んだ後に転職するのも起業するのもいいでしょう。

 

転職で失敗しないためには、目を付けた企業の情報取集が不可欠であり、環境の悪い職場を事前に見分けるようにすること。

それと合わせて、転職に関する悩みの相談や、自分に合った企業の紹介などの手助けをしてくれる転職エージェントを活用することをお勧めします。

 

今より安心して働ける企業は必ずありますから、焦らず、じっくりと時間をかけて探してくださいね。

まとめ

 

仕事が地獄とまで感じられるのであれば、辞めることが最善。

 

そして、それができるのは他の誰でもない自分だけであると心得ましょう。

世界的に見れば日本の労働環境は異常であり、それこそが仕事が地獄と化してしまう最大の理由なのです。

 

これが改善されるにはまだまだ時間が必要であるため、一刻も早くまずは地獄から抜け出し、環境が整っている企業への転職を考えましょう。

地獄からの脱出は、退職するという行動を起こすことが第一ですから、十分な準備をしてほしい。

 

終点(辞める日)が決まればそれだけで本当に心も体も楽になるので、『〇月くらいには辞めたい』ではなく『〇月〇日に辞める』という決定事項にしてしまってください。

曖昧にすると動きが鈍くなりますので、そこを決めるだけでしっかり行動できます。

 

もう一度言いますか?もう大丈夫ですね?あなたの未来は明るいです!