退職する上で何よりも必要な事は絶対に退職するという『意志』である。

 

どんな会社であれ、従業員が退職の意志を会社側に伝えた時に『はいどうぞ』とは言うことは中々ないでしょう。

退職の理由を聞かれるとともに、多かれ少なかれ会社側は『引き止め』ということをしてくるものなのですが、上司による引き止めなどで話し合いが長引いた場合などは、非常に神経が擦り減るということが容易に予想できますよね。

 

今まさに引き止めにあっているという人もいるかもしれません。

その引き止めは、情に訴えかけてくるものだったり、待遇を改善するというものだったり、少しでも長く働かせるための延期を要請してくるものであったり、最悪の場合は脅しのようなものであったり。

 

会社は色々な手段を用いて引き止めようとしてきますが、それはなぜなのか。

またそのような引き止めなどが予想される場合に、それを回避する方法はないのか。

 

この記事は、そんな会社や上司の引き止めについてのお話です。

辞めたいのになかなか辞められない。引き止めの手段とは?

 

退職を決めた理由を忘れずに、冷静に判断するという事を心得ること。

 

退職の準備をする上で知っておきたい引き止めの手段の中で、ここでは代表的なものをあげていきます。

情に訴えかけてくる

『君は会社にとってなくてはならない存在』

『将来の幹部候補として見ていたのに

 

など、とにかくあなたが必要なんだということをいってくるパターンと言えます。

とてもとてもよくあるやり方で、私も前職時代に経験してきましたし、私の後に辞めた人も言われたと言っていたので退職を申し出た人のほとんどが経験するのではないでしょうか。

 

とりあえず思いとどまってもらうために言っているのか、本当に必要でそう言っているのかという見極めは非常に難しいと言えますが、この言葉には多くの場合裏がありますので、冷静になって自分が退職を決めた理由を考えて退職という選択が正しいのであればその意思を変える必要はありません。

待遇の改善を提案してくる

『給料に不満があるなら上げてやる』

『残業を極力少なくする』

『好きな部署に行っていい』

『昇進させる』

 

などと甘い言葉で惑わしてくるというパターン。

これは、退職を決めた理由として労働条件の不満を挙げた場合に多くの人が経験し、退職が長引いてしまう典型とも言えます。

 

なぜなら、『不満を解消すれば辞めないんだな?』と言われたら辞められなくなってしまいますよね。

そして、待遇改善に同意して退職を白紙に戻したとしても、その待遇改善はその時の口約束で終わってしまい実際には何もしてくれないということも多いのです。

 

ですから、労働条件に本当に不満があって会社と交渉したいという場合でない限り、退職の意志が固いのであれば、退職理由を労働条件にすることはお勧めできません。

そして、本気で交渉に臨むのであれば、改善を口約束で終わらせることなく交渉を成立させるためにも、会社側とのやり取りはしっかり証拠して保存できるようにしておきましょう。

退職時期の延期を提案してくる

『後任を採用するからそれまで待ってほしい』

『今のプロジェクトが終わるまで…』

『(理由は明確にせず)少し待ってくれ…』

『上に話は通しておく…(その後、音沙汰無し)』

 

など、何かにつけて返事を濁したり退職の時期を延ばす方向に持っていこうとするパターンも多い。

これに関しては、自分が許せる範囲で調整することは構いませんが、いつまでもダラダラと長引いてしまうような気配があるのであれば『〇月〇日で退職します。』と会社側に強い意志があることを示しましょう。

脅してくる

稀にですが…

『お前が退職することで出る損失分は損害賠償請求するからな』

『どうしても辞めるなら退職理由は懲戒解雇にする』

『辞めるというなら後任を連れてこい』

 

というように脅してくるというパターンもありますが、ひとつ安心してほしいことは、これらの脅しはすべて無効。

こんなことを言ってくるような会社であれば、その言葉を録音して労働基準監督署に相談しに行きましょう。

 

民法で、雇用の契約については『解約の申し入れから二週間を経過することで終了する。』と定められていて、基本的には退職する14日前にその旨を伝え退職届を提出すれば退職できるのです。

脅しをかけてきた場合でも、焦ることなく冷静に対処してほしいと願っています。

 

辞めたいのに…上司はなぜ執拗に引き止める??

 

1人が辞める事で発生する様々な負担を嫌う。

 

前項でもお話したように、よくあるパターンの引き止めとしては『君は会社にとってなくてはならない存在だ』とか、『お前は将来的に幹部候補なんだぞ』というように退職の意志を揺るがせて、少しでも思い留まってくれるような言葉をかけてくるというもの。

私もそうでしたが、退職志願者のほとんどが同じような言葉(特に前者の言葉)をかけられています。

 

この言葉には裏があると言いました。

 

それはどういうことかというと、一人一人の社員は会社にとっては戦力ですから当然いなくなったら困る(なくてはならない存在)ものですし、将来的には誰しもが幹部になりえる。

現在成績の悪い社員がいたとしても、それは今後次第ですぐ評価も変わり、あっという間に幹部候補に躍り出るという事も十分に考えられることから全ての社員は幹部候補だと言っても過言ではないということなのです。

 

更に言えば、その言葉の裏には『今辞められたら、自分の負担が増える』という上司の考えがあります。

そして場合によっては、自分の部下から退職者が出てしまうという事は、上司自身の評価が下がってしまうということにも繋がりかねないので何とかして退職を撤回させようと必死になる。

 

自分が必要とされているという意味合いの言葉を言われて嫌な気分になる人は中々いないでしょうし、将来のポジションについての話をされると気持ちも揺らぎ、考え直して会社に残ったほうが正解かもしれないと思ってしまいがちですが、なぜ退職すると決断したかという事をしっかりと思い出してください。

その会社で働き続けることに不安を感じたり、この会社では働いていけないと思った理由が必ずあったはずです。

 

考え直したほうがいいと言えるのは、『あなたが常日頃から信頼している上司』が引き止めてきた場合だけ。

そういう上司は、あなたの仕事に向き合う姿勢や力量、そして短所と言える部分までを理解している存在と言えることができ、今後の事を考え『今はまだ退職するべきではない』と真剣に思ってくれている可能性が高い。

 

そのような時は、『絶対に退職するんだ』と意固地にならずに上司の考えをしっかりと聞いてもう一度よく考えてみることをお勧めします。

辞められない…執拗な引き止めにウンザリ。どうにかならないのか?

 

会社に行かなくても辞められるというサービスがある。

 

どうしても退職したいけど会社側と話をするのが億劫であるという場合には、『退職代行』というサービスがあるという事も知っておきましょう。

退職代行サービスは、本来あなたが自ら行う退職の手続きを全て代行してくれるというもので、あなたは会社に行くことなく会社を辞められるというものです。

 

退職届の提出や貸与品の返却も郵送で完了するので、上司と顔を合わせることなく退職が完了する。

多少の費用は発生しますが、引き止めや会社側との話し合いに使う労力を考えれば相当に安いのがお勧めできる理由です。

 

☟☟退職代行サービス☟☟1分で無料相談。お問い合わせもこちらから☟☟



まとめ

 

いかがでしたか?

 

辞めたいのに辞められないということで悩む人は多いですが、辞められないということはありません。

労働者にとって退職することは自由であり当然の権利。

 

退職するにあたっては『絶対に辞める』という強固な意志が必要であると心得てください。

 

会社は必ず何かしらの引き止めを行うのが普通であり、それは避けられないものであると思っておいたほうが対処がしやすいといえます。

それらの話し合いが面倒である場合や、上司と顔を合わせたくないし会社にも行きたくないという場合には『退職代行サービス』を利用することを考えましょう。

 

☟☟退職代行サービス☟☟1分で無料相談。お問い合わせもこちらから☟☟



 

この記事でなぜ会社や上司が引き止めるかについて理解が深まったならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村