日本人特有の仕事を休みづらい環境は『我慢が美徳』とされているから。

 

仕事が辛い...もう無理...限界。

あなたはそう思っていませんか?

 

そして、そう思いながらも今日もまた職場に向かっている。

体や心が疲労や異常のサインを出していながら、休むことを躊躇う理由は何でしょうか?

 

やはり、自分が休むことで、同僚や上司にかかる負担が増えることの罪悪感であったり、『これくらいで休んでいられない。』という責任感もありますよね。

 

ここで言っておきますが、休むことは悪ではありません。

 

休むことを悪としたのは、日本の古き考え方の名残とも言えるでしょう。

体が、心が異常のサインを出しているなら、できるだけ早い時期に休んでください。

 

この記事が、休むことの大切さを改めて考える機会となれば幸いです。

仕事するとかもう無理...。限界と思ったらまずは休む!

 

あなたが体調を崩しても会社は何もしてくれない。

 

体調不良で休むことは自己管理ができていないと思いますか?

自己管理というものには限界があります。

 

私の前の職場は、朝8時に家を出て、帰るのは日付が変わってからという事が多くありました。

こういう職場では、自己管理することは非常に難しいのです。

 

自己管理というものは人間らしい生活ができてこそ可能と言えます。

 

あなたの職場はどうですか?

朝起きて、『もう無理...』とか『もう限界...』とか感じているのであれば、私がいた職場と同じような所で勤務しているのでしょう。

 

断言します。その状態で我慢して、無理な出勤を続けた先に明るい未来はない。

 

耐えに耐えながら会社に貢献し、体や心が悲鳴をあげ、その後壊れてしまっても、会社は助けてくれません。

あなたがいなくなっても、職場は特に問題もなくいつも通り回るのです。

 

そうなる前に、壊れてしまう前に、まずは早い段階で『休む』という仕事をして下さい。

体調を維持するために休むことは、仕事の一部と考えるようにしましょう。

 

体の悲鳴は、休むことで早めの回復が見込めますが、心の悲鳴の回復には時間がかかるもの。

だからこそ、早い段階で休むことが必要であると言えます。

 

その『休む』という仕事は、時にはズル休みでもいいんです。

他人から見ればズルでも、あなたにとってその『休み』はズルではありません。

 

『もう限界...』と思うくらい働いたのであれば、次の仕事は休息です。

本当に『もう無理』と思ったら、休むと同時に辞めるも視野に。

 

劣悪な環境を我慢するスキルなんていらない。

 

あなたが会社・職場に対して本当に『もう無理...』と思ってしまったら、その時は休むことも大事ですが、同時に退職を考える事が必要になってきます。

体と心は、休むことで多少の回復はみられるでしょう。

 

しかし、行きつく先は同じです。

休みながら、退職・転職に向けた準備を始めてください。

 

とはいっても、辞めるということにかなり抵抗がある人の方が、まだまだ多いのが現状なんですよね。

それは、辞めた後の人生をマイナスに捉えすぎの人の方が圧倒的に多いからです。

 

まず、転職サイトを見てみてください。

仕事なんてたくさんあるし、その中には今よりいい環境の職場が必ずあります。

 

転職エージェントというのもかなり優秀で、よりあなたに合った職場を探してくれますし、転職活動の際に生じる悩みについてもしっかり相談に乗ってくれます。

転職して一時的に下がる収入面の差額は、ストレスから解放されるために使っていると思えばいいのです。

 

我慢するスキルも時には必要ですが、『本当にもう無理』と思う職場でそのスキルは必要ないでしょう。

『辞める』と言える勇気を持つことも大事なスキルだと思ってください。

 

何よりも、体を壊さないために『辞める』という判断を下すのであれば、それは最善の判断。

周りが、家族が、友人が何を言ってこようと、その判断に自信を持ってほしい。

 

辞めるのは『転職先を確保してから』とか、『辞めた後にやることが決まってから』という人もいるでしょう。

その判断も間違えではないです。

 

ただ、その場合は辞める日を決めることが必須と言えます。

期限を決めることで、ちゃんと動けますから。

そして、普段の業務はしっかりと手を抜き、最低限やらなければならないことだけをこなす。

 

これでもかなり負担は減ります。

いい意味でズルくなってください。

 

手を抜いて、できた時間は次の道を決めるためのものとして有効に使いましょう。

 

まとめ

 

今のあなたにとって最善の方法を考える事。

 

体が、心が疲れていると感じるなら、まずは休みましょう。

休むことは悪ではなく、休むことも『仕事』であると心得てください。

 

本当に無理と思ってしまったなら、我慢することは一切やめてしまっていいのです。

仕事を辞める事が最善の判断と言えます。その判断は、あなたが壊れないためのもの。

 

次を決めてから辞めるのであれば、期限を決めて、しっかり行動すべし。

 

ダラダラと在籍しないためにも、辞める日を決めてしまいましょう。

会社に『何月いっぱいで辞めます。』と言ってしまうのもいいですね。

 

その方が、絶対に行動しますから。

辞めても大丈夫です。自分の判断に自信をもって、人生変えてしまいましょう!