人間関係というものは乱雑で複雑なもの。

 

職場勤めをすると多くの人が悩む人間関係。

上司、先輩、後輩、1日の大半を過ごす職場での人間関係が悪いと毎日が辛いですし、これが原因で仕事を辞めたいと思う人も多いでしょう。

 

辞めると決断する前に、その人間関係悪化の原因はどこにあるのか?辞めるべきか?辞めるべきでないのか?または割り切ってしまう事はできるか?これらを見直してみることは非常に重要です。

 

仮に人間関係の悪化の原因が自分にある場合、転職したとしても同じような状態に陥るというケースも。

 

この記事では、私の前の職場の経験も交えながら人間関係についてのお話をしていきます。

 

仕事を辞めたい。辞めてもいい場合の人間関係とは?

 

自分が辞めてもいい、または辞めても仕方がない状況にいるかどうかを的確に判断する。

 

人間関係の悪化には、まだまだ軽度という場合と、どうしようもないくらい重度という場合があります。

次に掲げるものは、後者の場合です。

 

該当する場合は辞めてもいいものと思っていただいて差し支えありません。

 

・上司からの暴言・パワハラがひどい(標的はあなた、またはあなたを含む上司に嫌われている数人に限る。)

これは私の前の職場もそうでした。取締役部長という肩書の上司に呼びつけられ、同僚もお客さんもいる前で延々と叱責される。

自分の意見を言えば、『もういい!お前には何も望まない!(どっかに)行け!』という感じ。

 

話し合うことすら出来ない上司でした。私は標的ではなかったものの、それをされるのはいつも同じ人。

私たちはそれを『公開処刑』と呼んでいました。

 

パワハラというのは犯罪に該当する場合があります。自分を思い返し、過度なパワハラを受けている場合は辞めてしまっても仕方ないと言えるでしょう。

 

当然ですがこういう職場は、雰囲気も悪くピリピリしていることが多いです。

そして、その上司が不在、休暇の日などは和やかな雰囲気になります。

 

・陰口・無視などいじめにも似た行為が平然と行われている

これらの行為がある、または既にその標的である場合、辞めてしまった方がいいでしょう。

私の前の職場でも陰口が横行していました。その陰口が、更に悪い噂となり社内に広まるという結果に。

 

『人の不幸は蜜の味』という言葉が存在しますし、軽度なものならばどこにでもあることです。

しかしながら、これも行き過ぎたものはNG。

 

ちなみに、私の前の職場での陰口発信源は、取締役部長とその部下の課長でした。

本人達は気付かれていることに気付いてなかったみたいですが...。

 

・仕事上でのトラブルに上司が一切の責任を持たない。

仕事にミスやトラブルはつきもの。ミスがないことは素晴らしい事ですが、そんな人はいないですよね。

いざと言うときに何もしてくれない上司である場合、職場には見切りをつけるべきと言えます。

 

私の前の職場では、上司にトラブルが起こったことを相談しに行くと、

『知らない。めんどくさいことに俺はハマらない(関与しない)。』と平然と言うような上司でした。

 

その案件は、『不服申し立て』、『訴えます』といった内容の書面が送られてきて、課長クラスでも手に余るようなものだったにもかかわらず、一通りの叱責の後『俺を巻き込むな。お前らで何とかしろ。』ですよ。

 

大から小まで様々な問題が起こる中で、やはり最後は『俺が何とかする。』と言ってほしいものです。

私の上司は自分がミスするとミスをなすり付けるような人であり、それは最悪な上司でした。

 

以上が辞めてもいいですし、辞めても仕方がないといえるケースです。

仕事を辞めたい。でも、まだ辞めるべきではない場合の人間関係とは?

 

時には思いとどまることも必要。

 

次に掲げるものは、まだ辞めるべきではない場合です。

 

・まだ入社して月日が浅い

この場合はまだ仕事に、会社に、環境に慣れていませんから正しい判断ができてないということが言えます。

まだ仕事を辞めるという段階ではないでしょう。

 

厳しく感じることもあるかもしれませんが、それは指導である場合があります。

給料をもらうわけですから、最初は鍛えるために厳しくしていて、それが人間関係の悩みに繋がっているだけということも考えられるのです。

 

・人間関係悪化の原因は自分である

例えば、『態度が悪い』、『挨拶をしない』、『遅刻・早退が多い』、『欠勤が多い』など、自分に原因がある場合は辞めるべきではないでしょう。

これは冒頭でもお話ししたように、転職しても同じ事を繰り返す可能性が高いです。

 

まずは、自分の社会人としての姿勢・態度の改善が最優先と言えます。

 

・仕事が好き

人間関係に不満があっても仕事が好きな場合は、まだ辞めるべきではないでしょう。

転職先で好きだと思える仕事ができるとは限らない上に、そこでも人間関係のトラブルがあったら、今より劣悪な環境下におかれてしまいますから。

 

以上がまだ辞めるべきではないと言えるケースです。

仕事として人間関係を割り切ることは得策?

 

割り切ることができるのであれば得策と言える。

 

ハッキリ言うと、個々の性格が大きく関わってくると言えます。

あなたが、パワハラ、陰口、上司のフォロー体制などの面で嫌な思いをしていても『これも仕事のうちだから』と割り切ることができる、割り切れる性格なのであれば、『割り切る』ということはとても得策です。

 

『割り切る』事ができる人というのは、人間関係に振り回されることなく、淡々と仕事をこなすことができます。

私の前の職場にもそういう人がいました。

 

上司から嫌味なことを言われていたと聞き、私は『腹立たない?』と聞いたことがあります。

答えは『腹立つのは一瞬。その怒りに使う体力は無駄だし、嫌味も陰口も仕事の一部。全員に好かれることなんて無理だから。』

 

この人凄いな...。と思いました。

 

そして、割り切ることができないのであれば、やはり辞めることを選択するべきでしょう。

辞めると決意し、辞める時期も決まると、自然に辛かった人間関係から気持ちの面で距離を置くことができます。

 

これは私も経験したことですが、『辛い状況は〇月〇日で終わり』と思えるだけで、精神的負担は軽減されるのです。

 

まとめ

 

人間関係で悩んでいるときは、自分の現在の状況を見返してどうするべきかを判断すべし。

辞めるべきと判断した場合は、迷う必要はないです。今日から、辞める準備をしてください。

 

辞めるべきではないと判断したなら、もう一度会社という組織としっかり向き合い、自分が改善すべきところは改善し頑張ってみる。

 

人間関係悪化の軽度・重度にかかわらず『割り切る』事ができるのであれば、それに越したことはありません。

 

どんな人でも、多かれ少なかれ人間関係の悩みはあるものです。

その悩みは今後のあなたにとって、どういう弊害・障害をもたらすのか。

一度真剣に考えてみることは必要であると言えるでしょう。

 

良い人生は良い人間関係でつくられるということを心得てください。