『めんどくさい』という気持ちは自分を変えるキッカケになる。

 

あなたは毎日の仕事が『めんどくさい』と思ったり、『嫌だな…』、『無理だ…』、『行きたくない…』と思う日々を過ごしていませんか??

『なんで1日は24時間しかないのに8時間もこんな仕事に費やさなければならないのか』と疑問を感じている人も少なくないでしょう。

 

ここでまず言っておきますが、その状態は辞めてもいいサイン。

 

『めんどくさい』と思ってしまっている今の状態を大切にして、辞める事を優先に準備をすることをお勧めします。

なぜなら、その会社に勤め続ける限りその症状は改善されないからです。

 

そして、『めんどくさい』と思っている状態を大切にしてほしい理由は、それを分析することで改善するための課題が見つかり、その課題に対しての答えが導き出せたとき、あなたが一段階成長できるから。

 

この記事は、めんどくさいとなぜ感じるのか、そして感じた時にどのように行動するべきかというお話です。

仕事はめんどくさいのが当たり前?

 

心から大好きな仕事であればめんどくさいという感情は生まれない。

 

ずっとやりたかった仕事に就き、仕事内容も大好きでやりがいもあるという幸せな人は少なく、多くの人は『仕事』という言葉の意味が【『仕』方なく働く『事』】となっているのではないでしょうか。

このような状態で働くのであれば、仕事をしていてめんどくさいと思う場面は多くなるという事が言えるのです。

 

以下に例として挙げますが、私も前職時代は仕方なく働いていた側の人間だったので、めんどくさいと思う事は何度も何度もありました。

・仕事が面白くない、仕事が自分に合っていない

仕事をしていて、『面白くない』『自分に合っていない』と感じるならば、それは『めんどくさい』という感情に直結するでしょう。

単純作業の繰り返しや、誰がやっても同じ結果が生まれる仕事誰でもできる雑用のような仕事時間はかかるが成果にはつながらないような仕事などは面白い仕事とは言えませんよね。

・完成までが遠く終わりが見えない 

いつになれば終わるのかいつまで続ければ完成なのか先が全く見えない仕事はやってて嫌になるものです。

こんな仕事を任されてしまった時は朝から仕事に行く気が失せてしまいますし、仕事がめんどくさくてたまらない。

 

明らかに自分の能力以上の高難易度といえる仕事を任されてしまった時なども、これに該当すると言えます。

・プレゼンや社内での報告

大勢の人がいる中でのプレゼンや報告会といったものは苦手な人も多いですし、めんどくさい仕事の1つであると言っていいでしょう。

上司が見ているという環境下の場合、その内容次第では、あとで上司から叱責を受けるかもしれないというプレッシャーも感じる仕事ですし、それに向けて何日もかけて他の仕事もしながら資料を作成したりと考えるだけで嫌になるものです。

・人間関係

仕事内容とは異なるものですが、人間関係が悪い職場に勤めていると仕事に行くことが億劫になりますし、それはめんどくさいと思ってしまう原因の1つでしょう。

嫌いな上司嫌いな先輩嫌いな同僚嫌いな後輩相手の事が嫌いでも当たり障りのない付き合い方を考えながら仕事を進めなければならないという状況は神経を使うもの。

 

時にはあなただけが我慢を強いられるという理不尽な事があっても耐えなければならない。

『もう、めんどくさい。』と思ってしまってもなんら不思議はありません。

 

以上、簡単にいくつか説明しましたが、あなたに当てはまるものはあったでしょうか?

私の場合は、残業が非常に多い職場でしたので、毎日毎日『今日はいつになったら帰れるんだろうか』という憂鬱な朝からのスタートでしたので常に『行きたくない』、『めんどくさい』と思っていましたね。

 

それでも好きな仕事であれば、『めんどくさい』とは思わなかったでしょう。

私の後輩は、仕事が好きだったので私が『めんどくさくならないか?』と問いかけると『好きな仕事なんで、めんどくさいとは思わないですね。』と笑っていました。

 

その時は『本当かよ?』と思っていましたが退職した今となっては、会社員を選んだ人にとって好きな仕事に就けるという事は、それだけで凄い価値のあることなんだなと心から思います。

 

めんどくさい。嫌。無理。こう思ったら?→辞めてよし。


 

めんどくさい仕事なんてさっさと卒業し、あなたが輝ける未来へ。

 

今が『めんどくさい』仕事でも、それが将来的に『めんどくさくない』と思えるあなたに変われるなら辞める必要はないのですが、あなたにはそれが実現できますか?

1度思ってしまったら、その考えを変えるという事は難しいでしょう。

 

ですから今のその感情に素直になって、あなたの中で何がそう思わせているのかを明確にし、それを回避できる職場に転職してしまうことをお勧めします。

転職に関して言うと、まだまだ不安に思う人も多いですが今現在は多くの企業が『慢性的な人手不足』ということもあって、売り手市場であり、年収がアップする人も多い。

 

『めんどくさい』と仕事に嫌気がさしている今の状態は、言い換えればチャンスが訪れている。

その『めんどくさい』についてあなた自身がしっかり分析し、解決策を見つけ、転職活動にあたっては情報収集をしっかりと行い、次の職場では同じ轍を踏まなければいいだけの話なのです。

 

仕事が『めんどくさい』なら辞めるのもアリ。

仕事が『嫌』なら辞めるのもアリ。

仕事が『もう無理』なら辞めるのもアリ。

 

あなたがもっと輝ける場所は他に必ずありますし、色々考えた末に会社員自体に疑問を感じるのであれば、全く違う事にチャレンジしてもいいでしょう。

今の時代、会社員として働かずとも食べていける方法はたくさんあります

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

仕事がめんどくさいと思う事は多くの人が経験する事でしょう。

その感情を我慢するのか、それともしっかりと向き合い解決策を見つけて次に進むのか。

 

好きな仕事であれば『めんどくさい』なんて思わない。

 

だったら、『めんどくさい職場』なんて卒業して好きな仕事に就くべきではないですか?

転職は売り手市場ですし、今あなたには変われるチャンスが来ているのだと心得るべし!

 

会社員に疑問を持ち、もう会社員という道には進みたくないというのであれば可能性は他にあります。

現代社会は働き方も自由度が増し、稼ぎ方の選択肢もとても増えていますから、あなたの意志で、常識にはとらわれない働き方をすることもいいでしょうし、それにチャレンジすることは人生において財産になることでしょう。

 

仕事がめんどくさいと思っている時間が無駄ですから、あなたが輝ける未来に向かって行動していってくださいね。

 

この記事でめんどくさい仕事をしている会社を卒業できそうならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村