日本の労働環境は世界的に見ても非常に悪い。

 

あなたの会社はブラックですか?

こう聞くと多くの人がYESと返答し、その答えの背景には労働者を奴隷のように扱い、劣悪な環境下で働かせる企業の実態が見えてきます。

 

もちろん、ブラックとは程遠い優良な企業が存在することもまた事実ですが、ブラック企業は本当に数多く存在し、労働者の権利を奪い苦しめているのです。

そして、入社してからでないとその実態がわからないということが多く、事前に判断することが困難であると言えるでしょう。

 

とはいえ、事前に判断できる材料はないのかというと、そこにはいくつかのポイントとなるものがあるわけです。

確実にブラックだと言い切ることは難しいですが、判断を手助けするものになるでしょう。

 

今回は、就職・転職を考えている全ての人へ、ブラック企業の判断ポイントと、この業界はブラックが多いという、できれば就職先に選ばないほうがいいのではないかという業界についての記事です。

この会社はブラックすぎる…?事前に確認すべき項目を解説!

 

そもそも、ブラック企業というものにに明確な定義や基準はない。

 

これが、困ったもので厚生労働省が、『ブラック企業について定義していませんが...』と明記してあるわけです。

しかしそれに続き、一般的な特徴として次の3項目をあげています。

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度な選別を行う

 

これが国が示すブラック企業の特徴であり、確かにこんな企業では働きたくはないと言えます。

しかし、厚生労働省の人達はブラック企業で働いたことがないでしょうから、『一般的な特徴』と明記してあるように上記3項目だけでは抽象的で具体性に欠けると言えるでしょう。

 

更に詳しく調べてみると、具体的な部分が見えてきて、そこには共通する特徴があることがわかります。

 

・社員の使い捨ては当たり前

・パワハラだけでなくセクハラ・モラハラも横行

・常に求人広告を出している

・離職率が高い

・有給休暇が取れない

・退職したくてもできない

・精神論を振りかざす

・etc…..etc…..etc…..

 

というように、上記にあげた項目は多数サイトなどで共通してみられる特徴の一部で、本当に数多くの特徴があげられているのです。

当然、明確な定義は存在していませんので、どれかが当てはまればブラック企業だとも言えないということになるわけですが、いくつも当てはまるならばブラック企業である確率は跳ね上がると言えるでしょう。

 

そして、これらの多くは実際に就職してみて働いてみないとわからないものが多いというのも事実。

では、就職する前にブラック企業かどうかを見分けるにはどうすればいいか。

 

・まずは求人広告をよく見る

求人広告を見て、次のような文面や条件があった場合、注意する必要があります。

 

・アットホームな職場

これは非常に多くの企業でみられ、もはや常套句ともいえる言葉ですが、特に待遇面などでアピールすることがない職場がこの言葉を使うと言われています。

 

・業務経験不問、未経験者歓迎

『これなら働けるかも...』と思うかもしれません。

しかし、企業が求める人材は即戦力。この言葉の裏には、とりあえず人を何人か入れたい、1人でも残ればラッキーという思惑があります。

 

『必要なのはやる気』とか精神論を強調しているような企業も、同様の思惑があると言えるでしょう。

 

・基本給〇〇万円(固定残業手当△△時間分を含む)

基本給が高めで、一瞬『おっ!』と思うのですが、かなりの時間分の残業手当が含まれ、その多くは記載されている時間以上の残業をする場合があります。

そうなったときは、超過分の残業手当を払わなければならないのですが、規定の残業時間を超えても払われていないケースが多いのです。

 

求人広告や、サイトを見るときは上記の様な項目を是非チェックしてみてください。

 

・ある数値からブラック企業を判断する

ブラック企業か否かを判断する上で、客観的なデータ収集は欠かせませんし、収集自体は簡単に自分でできることです。

その中で、特に重要となるデータがあります。

 

それは3年後離職率平均勤続年数

 

この2つのデータから何がわかるかというと、『社員の使い捨て』をしているかどうかという事。

3年後離職率が高く、平均勤続年数が低い企業は、人の入れ替わりが激しく若手社員が辞めやすいという証拠と言えるでしょう。

 

頻繁に求人を出している企業は離職率が高いと予測できます。そして、求人を出す頻度以外で、データを収集するためのツールとしては、転職系口コミサイトや就職四季報などを使うことをお勧めします。

 

そして、もしも今働いているあなたの会社がブラック企業であるという判断ができるような環境である場合は、そこで働き続ける価値はありません。

あなたがあなたの価値を提供する場所は別にあると言っていいでしょう。

 

とはいえ、じゃあ明日退職届を提出してください。と言うわけにもいかないでしょうし、退職を行動に移すにはそれなりの覚悟というものが必要になる場合が殆どです。

ですから、今は退職という選択肢を自分の中に追加するということをしてください。

 

そして、普段から色々な企業の求人情報を取り入れる環境づくりをすることをお勧めします。

環境づくりをするにあたっては、登録無料で使える『転職エージェント』を利用するといいでしょう。

 

自分に合った職種の求人情報やブラック企業を避けたいという要望なども聞いてくれて、色々な企業の情報を提供してくれますし、『非公開求人』という一般には公開されていない求人情報も持っています。

 

ただ、転職エージェントは利用して損はないですが完璧というわけではありません。

登録する目的は、ブラック企業に転職してしまう事を避けるという確率を大幅に上げるためのお手伝いをしてもらう、あなたが困った時は相談して転職に関しての不安感を軽減するという2つです。

 

この2つだけでも相当な価値がありますが、登録も利用も無料です。

 

☟☟【転職ならdoda】☟☟



☟☟【手厚いサポート、パソナキャリア】☟☟



☟☟【プロのアドバイザーががっちりサポート】☟☟



こんな職種は要注意?就職してはいけない業界を解説!

 

これからは先の見えない業界にも目を向ける必要がある。

 

『就職してはいけない業界』なんて言ってしまうと、そこで働いている方々に大変失礼ですが、実際にそう言われている業界があるという事もまた事実なのです。

ここでも注目してもらいたいのは『離職率』であり、前項で添付した厚生労働省のデータからランキング形式にすると以下のようになります。

 

1位:宿泊業・飲食サービス業→→→→→離職率30.0%
2位:生活関連サービス業・娯楽業→→→離職率20.3%
3位:サービス業→→→→→→→→→→→離職率19.1%
4位:教育・学習支援業→→→→→→→→離職率15.0%
5位:医療・福祉→→→→→→→→→→→離職率14.8%
6位:卸売業・小売業→→→→→→→→→離職率14.0%
7位:学術研究・専門・技術サービス業→離職率13.4%
8位:不動産業→→→→→→→→→→→→離職率11.5%
9位:製造業→→→→→→→→→→→→→離職率11.4%
10位:金融業→→→→→→→→→→→→離職率9.4%

 

このような結果になりましたが、離職率の高い業界への就職・転職は事前にしっかりデータを収集し、口コミや評判などの情報も調べてから納得した上で進めるようにしましょう。

そして、これからは先の見えない業界にも目を向ける必要があります。

 

先の見えない業界とは、AI の進出により仕事がなくなってしまう恐れのある業界の事。

週刊ダイヤモンドに特集された【機械が奪う職業・仕事ランキング(米国)】では...

 

1位:小売店販売員
2位:会計士
3位:一般事務員
4位:セールスマン
5位:一般秘書
6位:飲食カウンター接客係
7位:商店レジ打ち係や切符販売員
8位:箱詰め積み降ろしなどの作業員
9位:帳簿係などの金融取引記録保全員
10位:大型トラック・ローリー車の運転手

 

実際のランキングは50位まで掲載されていますが、ここではトップ10位まで掲載しました。

これらの職業は、数年先とまで言わないですが、そう遠くない未来に人間からAIにとって代わる可能性が高い仕事であると言えるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

ブラック企業に明確な定義や基準はありませんが、常識的に考えて悪い特徴が多々あります。

 

就職・転職を考えるにあたっては、事前にブラック企業であるかどうかを求人広告や離職率などからある程度判断するようにしましょう。

転職エージェントを利用し、ブラック企業に就職・転職してしまうことを回避する確率を大幅に上げてください。

100%の判断することは難しいといえますが、事前の行動次第でその確率を高くできるのです。

 

就職してはいけない業界に関しては、離職率をみて、なぜ離職率が高いのかをよく調べてみてください。

そこには必ず理由があります。

 

そして、これからの時代は先の見えない業界があるという事を心得る事。

AIの進出により、遠くない未来にはその業界は『就職できない業界』になっているかもしれません。