【働く=サラリーマン】という洗脳は早いうちに解くべきである。

 

サラリーマンとして今現在働いている人も多いですし、これからサラリーマンとして社会に出ようとしている人もまだまだ多いですが、その人達に聞きます。

自分の力だけで稼ぎたい、サラリーマン以外の職業に就きたい、またはサラリーマン以外の職業に就こうと考えたことはありますか?

 

サラリーマンで居続ければ、確かに定期的に安定した額の給料が振り込まれ、福利厚生に関しても手厚く、社会保険にも加入できます。

更には、金融機関からの借り入れがしやすいなど『社会的な信用』というものも構築されるというメリットも会社員にはあるでしょう。

 

しかし、サラリーマンには長時間拘束されるというデメリットがあるのです。

そして、それを当たり前と思いながら日々を過ごしているということに、疑問を持ってほしい。

 

この記事は、サラリーマン以外の職業とサラリーマンではない生き方についてのお話です。

 

サラリーマン以外の職業とは??

サラリーマン以外の職業というのは意外と多い。

 

サラリーマン以外の職業としてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?と聞かれた場合、多くの人は『起業』と答えるそうです。

それは決して間違いではなく、『起業』もサラリーマン以外の職業の代表格とも言えますが、起業にチャレンジするという事は資金面などの問題から難関であり、いつまでもサラリーマンから抜け出せずにいるという人はたくさん存在しています。

 

ここでは、私がお勧めするサラリーマン以外の職業(起業以外)ということでお話していきます。

フリーランス

フリーランス:会社などの組織に属さずに仕事に応じて自由に契約する人

 

何か特別なスキルを持っているのであれば、フリーランスという生き方は魅力的であると言えるでしょう。

どうやったらなれるかと言うと…会社などの組織に所属していない人が『私はフリーランサーです。』といった瞬間になることができます。

 

フリーランスと呼ばれる人達がどのようなことを仕事にしているのかと言うと、本当に数多くの様々な分野で活躍していると言えるのですが、代表的なものをあげさせてもらうと…

メディアからの依頼で記事などの執筆を行う『ライター』書籍・雑誌・webサイトなどの挿絵、表紙、広告などに視覚的印象を与える『イラストレーター』コンピューターを動かすためのプログラム言語を使って様々なシステムやソフトウェアを作る『プログラマー』などでしょう。

 

特に近年はクラウドソーシングの充実によって、人脈などがなくても比較的簡単に仕事を得られる時代ですから、自分で仕事を選び、やりたいことをやって収入を得られるという自由な働き方が可能になっているのです。

ただ、それだけで食べていけるようになるには努力は必要ですし、自分で選んで仕事をしてお金を貰うということで一つだけ心得ておいてほしい事があります。

 

それは、選んだ仕事の全責任は自分にあるということ。

 

そして、サラリーマンでなくなると自分の事は自分でやらなければならないのです。

例えば、健康保険はサラリーマン時代は会社で健康保険組合の健康保険だったものが国民健康保険に加入(結構高い)しなければならなかったり、年金は厚生年金から国民年金に切り替えなければなりません。

 

色々と大変な面もありますが、人間関係に悩む必要もなくオフィスは自宅でパソコンさえあれば仕事ができてしまうという時間的な自由というメリットがあります。

実家を継ぐ

実家が何か事業をしているという場合は、それを継ぐというのもサラリーマン以外の職業としてはいい選択肢と言えるでしょう。

物販(不用品転売、転売ビジネス)

商売の基本である、安く仕入れて高く売るという事や身の回りにある不用品を転売するというものです。

本やCD・DVD、おもちゃ、家電にいたるまで、売れるものは非常に多くありますが、何が売れるのか、どうやったら安く仕入れることができるのかという知識や経験が必要であると言えます。

 

まずは、自分の周りにある不用品をオークションサイトやフリマアプリなどを利用して売ってみるという経験をすることから始めてみるのが重要。

本当に売れることを知ったら、あとは出品するものが変わるだけで、やることは同じです。

 

やり方はというと、非常に簡単で、サイトに登録したら商品の写真を撮って出品し、あとは売れるのを待つだけ。

 

実際にこの方法で月にサラリーマンの給料を超える収入を得ている人も多数存在しているのです。

そして、物販は収入を得やすいと言われているビジネスモデルで、副業レベルからでも始められます。

 

会社員にならない生き方を知ることはなぜ重要か。

 

サラリーマンが安泰であるという考えはもう古い。

 

サラリーマンが最も安定しているという神話は、すでに崩れつつあります。

多くの大企業が大量の人員削減を行ったりする世の中で、『サラリーマンは安泰だ』なんて言う事はもうできないでしょう。

 

更には、近い将来、AIの普及に伴って、多くの仕事がAIにとって代わるという事は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

もうすでに人から人工知能へシフトしている仕事も多数存在し、今後それは更に様々な分野へ拡大を見せる。

 

そんな中で、サラリーマンの価値というものはどうなっていくのか。

 

IoT(モノのインターネット)という呼ばれるものは、これまでインターネットに繋がらなかったモノがインターネットに繋がるという事を指します。

これからの時代はインターネットが様々のモノと繋がり、ありとあらゆることがインターネットで完結してしまうという世界になるでしょう。

 

そして、訪れるのはサラリーマンの大失業時代であり、単純な仕事しかできないサラリーマンが失業していき、なんと日本人の半分は失業者となってしまうのではないかという予測さえ出ているのです。

そんなサラリーマンの価値がなくなりそうな未来で生き残るためには、やはりサラリーマン以外の生き方について考え、調べ、チャレンジしていくこと。

 

そのうえで、自分が見つけたサラリーマン以外の生き方のスキルを磨き、時代に適応していくことが必要になると言えるでしょう。

ですから、まずサラリーマン以外の生き方を知るという事が、今現在では最も重要と言えるのです。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

働くということはサラリーマンになるという事ではなく、会社という組織に属さない働き方もあるという事を心得ましょう。

今の時代、サラリーマンが安定しているなんてことはありません。

 

サラリーマン以外の職業というのは意外と多いので、是非どのようなものがあるのかあなた自身で検索してみてください。

それを自分で調べて知るということは大きな一歩となるはずです。

 

そう遠くない未来、AIの普及、技術の進歩で単純な仕事しかできないサラリーマンが失業していく時代が到来することが予想されます。

そんな時代になっても、余裕で生きていけるように今から自分を磨いていきましょう。

 

この記事でサラリーマンと安定神話に疑問を持てたならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村