『退職する』ということは労働者に与えられている権利であり、会社に拒否権はない。

 

『人手が足りないのに今辞められたら困る。』などと言って人手不足を理由に退職を引き留めようとする企業は少なくありません。

ブラック企業のような劣悪な職場環境のせいで人が離れてしまったのか、それとも経営が絶好調で仕事が増えたために人手不足なのか、そこには色々な理由があるでしょう。

 

しかし、ここで言っておきますが人手不足の責任は労働者にはない。

 

『人手不足』という状態にありながら、対応を怠ってきた会社側に全ての責任があるということは言うまでもないでしょう。

会社が原因で人手不足となり、会社が適切な処置をしなかったがために人手不足が解消されず、退職届が受理されないなんてことが許されてはならないのです。

 

更に言えば、労働者の退職の申し入れがあった場合、会社に拒否する権限はないので辞めたくなったら辞められるということを覚えてきましょう。

 

この記事は、そんな人手不足の会社に勤め続けてはいけないというお話です。

人手不足の会社が抱える問題点とは?

 

会社が人手不足という状態を把握していて、改善しようとしているのかそうでないかを見極めること。

 

会社が人手不足となる原因には次のようなケースが考えられます。

・人手不足を認識していながら会社が対応をしようとしていないために続いている慢性的な人手不足

・人手は足りていたはずなのに、退職者が相次いだことで起こった突然の人手不足

・業績が好調となり仕事量が増えて起こる一時的な人手不足

・業績悪化に伴い人員削減(リストラ)が行われたことで起こる人手不足

 

順番に上記の原因についてのお話していきましょう。

慢性的な人手不足

会社は人手不足状態であることを認識していながら、新たに採用する予定もなく一人一人にかかる負担が大きくなっているが改善される気配もなく、それが当たり前となってしまっている。

こういう会社はブラック企業に該当する場合が多いでしょう。

 

一人当たりの仕事量が多いわけですから、定時間内でこなすことができなければ当然残業しなければならないという状況が出来上がりますし、寧ろ残業が当たり前となってしまっているのです。

『残業すればできるのだから新規採用はしない』という経営者の悪しき考えが見える会社と言っても過言ではない。

 

このケースの問題点は営者が労働者を大切にしていないという所にあり、改善が非常に難しくもあります。

残業の記録を取り、労働基準監督署に相談することが労働環境を改善するためには近道となりますが、労働基準監督署が入った場合、その後に犯人探しが始まったりバレた時には不当な扱いを受けるということも考えられるため慎重に行動する必要があると言えるでしょう。

退職者が相次いだことで起こった突然の人手不足

それまでは何も問題なかったのに、退職者続出で『職場崩壊』とも言える状況に陥ってしまった。

一人の退職者が出るというだけで、残る人達にかかる負担は増えるのにそれが多数出てしまうという危機的状況にある職場であり、これもまたブラック企業の可能性が高い。

 

このケースの問題点は、なぜ複数の退職者が出てしまったのかという点につきるでしょう。

仕事量が多い、残業が多い、残業手当が支払われていない、パワハラは日常茶飯事など劣悪な職場環境がそこにはあるのではないでしょうか。

 

不満を持ちながら仕事をして耐えられなくなり一人が辞めると、そこから芋づる式に不満を持っている従業員が辞めていくということは珍しい事ではありません。

そして、それは更に続くということも考えられることからまさに『職場崩壊』が起こっていると言えるのです。

 

会社が体質を変え、そして利益が下がってしまったとしても、まずは職場環境に本気でテコ入れをしなければ崩壊をとめることはできないといえますね。

業績が好調による仕事量の増大が招く一時的人手不足

業績が上がり仕事量が増えるということは、それだけ人手も不足するということです。

しかし、ほとんどの企業は人員を新規に採用し、職場の補強を行うため一時的なもので済んでしまいます。

 

ただ、新規に採用すると決まり、求人広告を出してから実際に新たな人員が職場に来るまでとなると数か月間は必要であると思っていたほうがいいでしょう。

それまでの間は、現在の人員数で踏ん張るしかないということも覚えておいてください。

 

最悪な場合は、業績は好調で人手不足なのに会社が補強をしようとしないというもので、人件費を増やさなければより高い利益となるという利益第一主義の考えを持っている経営者がこういう事をします。

その利益を生み出すのも、優秀な従業員がいるからこそであり、それこそが財産であるということに気付いていないのです。

業績悪化に伴うリストラが招く人手不足

業績が悪化すると会社は経費の削減を考えますが、その削減の代表が人件費です。

リストラなどが行われてしまうと、人手不足になることは当たり前のことでその後の会社の対応が問題となってくるところでしょう。

 

従業員が多くいた時の規模で事業が成り立つかと言うと、そこには疑問があり、その規模を縮小するという覚悟が経営者にあるのかというところの見極めが必要となります。

規模の縮小をせずに業績悪化のカバーを残った従業員に任せるような無能な経営者であった場合には、リストラされたほうがマシであったという未来が待っていると言っていい。

 

あなたの職場の人手不足は上記のどれが当てはまっていますか??

人手不足を理由に辞める事ができない?

 

問題を解決しようとしない会社に勤め続ける必要などない。

 

さて、前項でお話したような事が原因で人手不足となっている会社は、退職しようと思っても退職を認めてもらえないということが往々にしてあるものです。

 

しかし、もう一度言っておきますが、会社に退職を拒否する権利はなく自由に退職はできます。

 

『今辞められたら更に人手が足りなくなる。』とか『ただでさえ人が足りないのに周りの事を考えているのか?』などと言ってくる上司も少なくはないでしょう。

そんな上司には、『ではあなたは私や社員一人一人のことを考えてくれていますか?』と逆に質問してみたいものです。

 

人手不足とわかっていながら、それを改善しようともしていないということは、その場で働いている従業員を大切になどしていない証拠。

簡単な事ですよね?人を増やせばいいだけなのですから。

 

新たに増える人件費は、その人材が育ち戦力となることで会社に還元されますし、戦力アップするということは仕事の効率も上がり会社全体に良い影響を与えるでしょう。

それを意図的にしない会社に居続ける意味がありますか?

 

あなたが壊れます。

 

私も退職を経験しているので言える事ですが、退職するということは精神的にも肉体的にも結構疲れます。

退職を決意して申し出る、その後説得をしてくる役員や上司との面談、それを乗り越えたら仕事の引継ぎ、辞めるにあたっては段階的に色々やらなければならないことがある。

 

それらをしっかりと行える体力が残っていて、まともな精神が保てているうちに退職してしまうことを私はお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

人手不足の原因は従業員にはなくその責任は会社にあります。

あなたは退職を決めて申し出るまでに、会社の事を考え、残される同僚の事を何度も考えたことでしょう。

 

しかし、人手不足という問題をわかっていながら対応をしない会社は、従業員の事を考えているとは言えないですよね。

 

退職の申し出を会社が拒否することはできないし、あなたは自由に退職できると心得てください。

精神的にも肉体的にも異常がないうちに退職し、新たな人生と明るい未来を手に入れられることを願っています。

 

この記事で、人手不足の会社から退職する決意が固まったならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村