入社1年目での転職は企業側にとって良い印象は与えないというのが本当の所。

 

いわゆる就活を勝ち抜いて晴れて社会人となったものの、いざ入社した会社に馴染めなかったり、人間関係に悩まされたり、面接で聞かされていたことと実際に大きなギャップがあったなど、新入社員は色々な壁にぶつかってしまうものです。

当然、それらの事が原因で辞めてしまいたいと思う人も少なくはないですが、その多くの人はこう考えていることでしょう。

 

新卒1年目で辞めてしまって本当にいいのか?

 

せっかく入社できた会社なのに…辛いのは今だけなのかも…転職に不利になるのではないか…など辞めたいけど踏み出すことができずにいるという人もたくさんいるのではないでしょうか?

確かに、転職を考えると場合によっては少しだけ不安要素はありますが私は退職し、転職する事を勧めます。

 

入社したら3年は続けたほうがいいなんて言葉をよく聞きますが、全ての人にその言葉が当てはまるかと言うと決してそうではない。

 

この記事は新卒で退職を考えている人達に送ります。

新卒1年目で会社を辞めたいが…リスクはある?

 

辞める事のリスクと辞めない事のリスクを天秤にかけることが大切。

辞めてしまう事のリスク

1年という期間内で退職してしまう事のリスクとしては、場合によっては転職しにくくなるという事が考えられるでしょう。

採用を担当する立場の人であれば、1年という期間で退職したとなれば『忍耐力に欠けるのではないか?』とか採用したとしても『またすぐ辞めてしまうのではないか?』などという所が引っかかってしまうということは想像に難くないですよね。

とはいえ、多くの企業で人手不足となっているという現代において、転職そのものの壁は決して高くはないという事も言えるのではないでしょうか。

第二新卒を積極的に採用するという企業も多くなっています。

必ずしもリスクであるとは言えない

厚生労働省が発表している新規学卒者の離職状況において大学新卒者の3年離職率は平成28年度で32%という数字が出ていますから、単純におよそ3人に1人は3年以内に辞めてしまうのです。

そこには、早期・短期化の就職活動の中では自分が真に働きたい業種を見つけることができず、とにかく就職するという事を第一にしてしまい、いざ働いてみたらやはり自分には合わなかったという就職活動の問題点が隠されていると言えます。

 

ハッキリと言ってしまえば、今の就職活動で自分がやりたい仕事ができる企業に就職するという事は容易ではないという事。

 

もちろん合わないという理由だけでなく、仕事自体は合ってはいるものの企業の実態がブラックであったり、初めての職場という環境が劣悪だった場合であったり、学生時代とは違う時間の過ごし方とのギャップに耐えられなくなって辞めてしまうという人も少なくはない。

だからこそ、大学新卒者の3割もの人達が第二新卒者としてまた就職活動をするわけですが…どうでしょうか?辞めてしまう事のリスクはそれほどないように感じませんか?

辞めない事のリスク

では、辞めないリスクとしてはどのような事が考えられるか。

 

辞めたいと思っていながら辞めないで我慢し続けるという事は単純に、精神面にかなり負担をかけてしまいます。

『せっかく就職できたのに、こんなに早く辞めてしまったら次はいつ就職できるかわからない。』という考えは辞める事を考えた人であれば誰しもが思う事。

 

しかし、そこで我慢して長く続ければ続けるほど鬱などの精神的な病にかかってしまう可能性が高くなるという事を覚えておきましょう。

そして、第二新卒と言われる期間という点で考えみると、その期間に明確な定義はないものの例外を除いて一般的には大学・短大・高校を卒業したと同時に入社してから3年以内に就職活動をする人たちの事を指します。

 

例外としては、20代であれば第二新卒として認めるという企業もあるようですが、ごく稀であると言っていいでしょう。

 

上記を含め考えてみると、我慢に我慢を重ね3年以上が経過してしまった場合はその『第二新卒』という括りから外れてしまうという事になってしまい、結果として転職を視野に入れた時に第二新卒を積極的に受け入れる企業に就職するという点で不利になるのです。

1年で退職。転職を厳しいものにさせないために。

 

理想は自分の得意な事や好きな事を仕事に。

 

転職を失敗させないためには、まずは自分でどんな企業が求人を出しているのか、そして気になる企業があったらそこはどんな職種のどんな会社なのかという事を調べてみましょう。

しかしながら、自分で調べるとなると限界がありますので、そういう場合は転職サイト転職エージェントと呼ばれるサービスを利用してみることをお勧めします。

 

就職活動が苦手で転職するという事にも慣れていない新卒や第二新卒の人達だけでなく、これから転職を視野に入れているという全ての人のとても強い味方となってくれるのがこれらのサービスであると言っても過言ではありません。

何よりも登録は無料なので費用などがかかることなく非公開求人などの貴重な情報が手に入りますし、転職の不安に対しての相談もすることができます。

 

☟おすすめ転職サイト・転職エージェントは以下に☟

転職の悩みを解決!!『doda』

信憑性の高い口コミと豊富な求人情報の検索ができる『キャリコネ』



親身で丁寧、手厚いサポートで安心な転職を『パソナキャリア』



転職サイトや転職エージェントは一つではなく複数に登録して、様々な情報を受け取れるようにしておくことが大切になってきます。

どれも無料でサービスを受けられるというのがやはり魅力的と言えるでしょう。

 

あなたが得意な事を活かしたいのであれば、それを担当エージェントに伝えればあなたに合った企業を探してもらえるというのは転職を失敗させないための近道になることは言うまでもないことですね。

☟自分の天職を知りたいという人はこちら☟

3分でキャリア診断!日本初AIキャリアシミュレーション『VIEW』

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

新卒から1年という期間での退職は第二新卒となり自分が生まれ変わるチャンスでもあります。

転職が当たり前となってきている現代では、辞めるリスクよりも辞めないリスクの方が大きいということを心得てください。

 

そして、第二新卒と呼ばれる期間は新卒から3年以内が一般的であると覚えておきましょう。

 

転職を優位に進め、失敗するという確率を大幅に減らすためには転職サイト転職エージェントを活用すること。

転職サイトや転職エージェントと呼ばれるサービスは、この先転職を考えているという全ての人達にお勧めできるものですから、早いうちに色々な情報に触れてみてくださいね。

 

この記事で、新卒から短期間での転職に前向きになれそうならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村