ブラック企業に勤めているのであれば遅かれ早かれ辞める可能性が高い。

 

現在の転職市場において、『次がない』という言葉は通用しないでしょう。

それほどに様々な企業が人手不足状態にあり、経験・未経験に関わらず人材を確保しようとしていると言っても過言ではありません。

 

それでも、辞めたいはずのあなたがブラック企業に勤め続けているのはなぜでしょうか?

・自分の希望する条件に合致している転職先が見つからない

・ブラック企業だが、その環境に慣れてしまっているので新しい環境にとびこむことに躊躇いがある

・転職はしたいけど本音を言うと転職するまでが面倒だ

・会社が退職を聞き入れてくれない

 

などなど、色々な理由があることは私も理解しています。

ただ、ブラック企業に勤めているのであれば、いずれは辞めてしまう可能性が高いという事が言えるでしょう。

 

どうせ辞めるなら、早いうちにブラック企業から抜け出せたほうがいいとは思いませんか?

この記事は次が決まるまでなんて待たなくていいというお話です。

次がない?そんなはずはない!

 

『次がない』という言葉は言い訳にすぎない。

 

さて、冒頭でもお話した通り、今の転職市場は売り手市場であると言われています。

それでいて、次がないとなればその原因は【できる限り好条件の企業に入りたい】という選びすぎの状態になっているという事が言えるでしょう。

 

しかし、ブラック企業に勤めている人にとって最も必要なのは、次を見つけることではなく、その環境から離れること。

 

毎日毎日、嫌というほどストレスを浴び続けているあなたの体は悲鳴をあげ、辿り着く先は精神の崩壊であり、『うつ』などの症状が現れて手遅れとなってしまうという可能性も視野に入れなければなりません。

それがすでに症状となって現れているという人も決して少なくはないのではないでしょうか?

 

あなたが今はまだそこまでの状態になっていないのであれば、早急に退職に向けた準備を始め、まともな精神状態を保っていられるうちに辞めてしまってください。

次がないなんて言葉は所詮言い訳。

 

そんな言い訳ができているうちはまだまだ大丈夫ですし、次を決めたいなら辞めると宣言してからでも十分に間に合います。

それに、『〇月〇日で辞める』と申し出て会社側がそれを了承した時は、この環境から離れられるという事実でまず心がスッキリし胸が躍るような感覚になり、精神的な部分で大きく楽になることでしょう。

 

有給休暇も余っているでしょうから、それを使ってその間に転職活動をすればいい。

雇われの人生に嫌気がさしているのなら、雇われる以外の進路を探し、調べる時間とすればいい。

 

有給休暇が取れないなんてことはあってはならないですし、どうせ辞める会社だと割り切って今まで使えなかった有給休暇を『有給消化』という理由で一気に申請して休んでしまえばいいのです。

それで欠勤扱いにされるなんてことがあったなら、労働基準監督署に相談しましょう。

 

『辞める』という宣言を会社にするだけで、本当に出来なかったことが出来るようになりますし、辞める日が決まっているとそれまでに何とかしなければならないので嫌でも、面倒でもきっちり動きます。

やはりこの『辞める』という意思をいかに早く会社に伝えることが出来るかというところがその後の人生には大きく影響してくるところではないでしょうか。

 

次がないなんてことは現代の日本ではなかなかありませんので、『辞める』という意思を強固にし、ブラック企業から離れるという事を最優先に考えて行動していってください。

本当に次がない?それでも辞めてよし!

 

無賃残業、異常な労働時間などが認められれば退職理由が変わる。

 

仮に本当に次の転職先も見つからない、辞めてしまったら何もすることもないし、働けないし生活できなくなるとなったとしましょう。

それでも私はブラック企業からはサッサと離れることをお勧めします。

 

一般的には自分から会社に退職願いを出して退職届が受理された場合、それは『自己都合』での退職となり、この場合は失業手当を受取るまでに3カ月間の給付制限期間があってすぐに支給されません。

しかし、それが『会社都合』での退職である場合にはすぐに失業手当が支給されます。

 

・法令違反した業務があった

・パワハラやセクハラがあった

・長時間残業

・給料の未払いや遅延

 

これらの事はハローワークに相談し、その事実が認められれば退職理由は『会社都合』の退職として認定されるのです。

 

証拠が用意できず認定されなかったとしても、失業手当をすぐに受け取る方法があります。

それは『公共職業訓練』を受ける事です。

 

公共職業訓練とは各都道府県の自治体などが行っている、求職者が少しでも早く就職できるように必要な技能や知識を習得するための訓練のこと。

これを受けることで、給付期間の制限がなくなり失業手当をすぐに受け取ることができるのです。

 

更に、失業手当の受給期間は勤続年数や退職の理由によって決められますが、職業訓練期間がその受給期間を超えて実施される場合(例:受給期間90日、職業訓練期間180日)は訓練終了まで受給期間が延長されます。

授業料も無料で技能や知識が身につき、訓練が終了するまで失業手当受給期間が延長され、給付制限期間はなくなりすぐに手当てが受け取れるとなればまさにメリットしかありませんね。

 

訓練によっては1年間というものもあるので、1年間失業手当を受け取れるという事になるのです。

ですから、次が決まってなくてもまずはブラック企業から離れることを優先してほしいと私は願っています。

 

ブラック企業から離れるということを実際に体験した私が言える事は、離れたことで身も心も本当に楽になったということ。

当ブログでは何度も書いていますが、私は家族との時間を確保するという事を自分の中の最優先事項とし、次など決めることなくブラック企業から離れるという選択をしました。

 

私が後悔していることをあえて言うとするならば、もっと早く辞めるという決断をすればよかったという一点に尽きます。

ブラック企業から離れるという事は人生を変えることに繋がると言っても過言ではないです。

 

退職というのは、申し出から退職が完了するまでに引き留め、事務処理、引継ぎ、挨拶回りなど結構体力を使いますから、精神的にも肉体的にも異常がない状態で全てを終わらせるということが大切。

次が決まってなくても辞めていいと理解してくれたなら、一刻も早く動くことをお勧めします。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ブラック企業から離れることは、絶対にあなたの未来を変えます。

留まるという選択は、いつかあなたの身も心も滅ぼす危険を秘めていると心得るべし!

 

転職を希望するのであれば、現在は『売り手市場』であるためきちんと行動すれば次は見つかるでしょう。

本当に次がないという場合でも、まずは離れてしまって『公共職業訓練』に通う事で失業手当は給付制限期間がなくなりすぐに受け取ることができるようになります。

 

心機一転、新しい技能・知識を身に付けそれまでとは違う人生を歩んでいけることができるといいですね。

 

この記事で、まずはブラック企業から離れようと思えたならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村