転職したいのに踏み出せないのは、不安ばかりが先行しているから。

 

ブラック企業、ストレスが絶えない職場などに勤めていて、いつも転職する事を考えてはいるものの一歩踏み出すことができないでいるという人は意外と多いのではないでしょうか。

『今よりいい職場に転職できなかったら…。』『今より給料が下がってしまう…。』『転職したらまたイチからやり直しか…。』などネガティブな思いばかりが募りなかなか行動することができない。

 

だったら、その不安要素を減らせばいい。

転職する事が当たり前になりつつある今の世の中には、転職を有利にしてくれるサービスもたくさんあるのを知っているでしょうか??

 

①何もしないでこのままブラック企業に勤め続ける。

②少しずつでも行動を起こしてホワイト企業への転職を果たす。

 

どっちがあなたの人生を良くしてくれるかなんて、言うまでもありませんよね。

この記事は、そんな転職に関するサービスや情報についてのお話です。

転職したいけど勇気がない…。転職のリスクとは??

 

考えられるリスクを明確にすることで回避に繋げよう。

 

転職する事のリスクというものは不安要素として確かに存在しますが、その『転職に関するリスク』『辞めないでブラック企業に勤め続けるリスク』を天秤にかけた時にそれは一体どちらに傾くでしょうか。

そして、その転職に関するリスクというものはあなたの中で明確化されているでしょうか?

 

ここではまず、よく言われる転職する事のリスクについてお話していきます。

・給料が少なくなる

多くの人が転職の際に重要なポイントとしてあげるのが給料の問題です。

家族がいて転職するとなってしまった場合、給料が下がることは生活の水準を下げなければならないことを意味し、それを受け入れることができない。

 

私の前職での上司も、パワハラや毎日の激務で転職を考えてはいたものの、給料が下がってしまう事を理由に転職を決断するまでには至らず、現在も体を酷使しながら働いています。

ただ、転職すると給料は下がってしまう事が当然であると思っていたほうがいい。

 

何年も勤めた会社から新人として働く人生に変わるわけですから、それは当たり前であると思っていたほうが転職しやすくなります。

働くにあたって良い環境を得た代償として、少しだけ給料が下がるのであればそれはいい結果といえるのではないでしょうか。

・人間関係がリセットされる

在籍年数が長ければ、職場で仲のいい同僚・尊敬できる先輩・上司などがいますが、転職する事でそれらは全てリセットされ人間関係を一から構築していかなければなりません。

慣れていた人間や環境からそうでない環境へ飛び込むことに躊躇してしまう人も多く、慣れない環境での勤務にストレスを感じて、いい会社に転職したはずなのに『転職に失敗したのではないか?』と錯覚してしまう。

 

人間関係の問題というのは色々な場面でついてまわります。

この問題も『転職するという事はそういうものだ』と開き直るくらいの気持ちを持つことで転職に前向きになれるでしょう。

 

実際、転職してから慣れるまでの間は数か月間程度の事。

 

いい会社に転職して数カ月我慢するのと、ブラック企業でストレスを浴び続けて数十年我慢するのとどっちが辛い事なのか。

転職するリスクと転職しないリスクをしっかりと天秤にかけてみてください。

・転職先がいい会社(ホワイト企業)であるかは入社してみないとわからない

転職はギャンブルであると言われることがあります。

それは、そこで働かずして企業の実態を見極めることは難しく、『ホワイト企業だと思って入社してみたら真逆であった』など理想の転職を果たしたと思っていたのに実際は転職に失敗していたというもの。

 

仕事内容も人間関係も、確かに実際に働いてみないとわからない部分は多いので、事前に求人票などからある程度の判断ができるようになっておきましょう。

・仕事内容の相違

求人票に書かれていた、または」面接時に説明された仕事内容とは違う部署に配属されてしまうというケースです。

自分が思い描いていた仕事とは全く違うという事があった場合、モチベーションの低下に繋がり、辞めたくなってしまう事もありますよね。

 

こうならないためには、採用面接で積極的に企業側に質問することが大切になってきます。

あなたがその企業で活躍するために必要な質問であれば、企業側にもその積極性が認められ高評価につながるでしょう。

 

とはいえ、仕事内容が説明と全く違うという場合は考えものですが、実際に就職してみて少し思い描いていた仕事とは違うという程度の事であれば、そこは柔軟に対応できるだけの器量が求められます。

それは、全てが理想と合致していることの方が稀であるといって差し支えないからです。

・就職先が見つからないかもしれない

これは年齢という部分が大きく関わってくるのではないでしょうか。

20代の転職であれば、就職先が見つからないという確率も低くなりますが、それが30代、40代と年齢が高くなるに比例するように確率は上がっていく傾向にあることは事実です。

 

転職が当たり前になってきたとはいえ、企業は第一に、より長期にわたって活躍してくれる人材を欲しがるのでしょう。

30代、40代が採用されるにあたっては、まずは即戦力であり、持っている資格やそれまでの経験などから高度な知識やスキルや能力などが求められることも少なくありません。

 

自動車整備士を例にとるならば、1級自動車整備士として働いてきた40代と、3級自動車整備士として働いてきた40代がいて、どちらも整備の実力は超一流だったとします。

その二人が求人に応募してきた場合、企業側はどちらを採用するでしょうか。

 

おそらく、1級自動車整備士の40代でしょう。

なぜなら、1級整備士という肩書だけで高度な知識とスキルと能力を持っているという事がわかりますし、その人が持っている経験というものは企業にとってプラスになると思わせることができるからです。

 

ですから、年齢にハンデを感じるなら、対抗する武器は豊富な経験と知識、そして即戦力として働ける能力を持っていることと言えます。

長きにわたり働いてきた人であれば、それらは大抵の人が持っていますから就職先が見つからないという確率はグッと低くなるでしょう。

 

以上、いくつかのリスクを上げてみましたが、あなたにとってのリスクというものを明確にして、乗り越えられるものなのかという判断をしてください。

今よりいい会社に転職する自信がない…。どうすればいい??

 

自信がない状態での転職活動は見送るべきである。

 

絶対の自信を持てとは言いませんが、自信がない状態で転職活動をすることはお勧めできません。

なぜなら、そこそこの企業があった場合、その程度の企業でもいいという妥協をしてしまうから。

 

その妥協はあとで後悔を生み、そこでまた仕事を辞めて転職をするとなると、転職回数が増えてしまい企業に悪いイメージを与えかねません。

自信が持てないのであれば、自信をつけてから転職活動に入りましょう。

 

では、自信をつけるためにはどうすればいいのか。

 

やはり私がお勧めするのはまず『転職エージェント』を利用するという事。

そして、複数の転職エージェントに登録するという事。

 

この二つです。

 

そしてあなたに合った就職先の紹介などもしてくれますので、転職を計画している人や転職する事を決めている人は登録しておいて損はないでしょう。

転職にあたっての不安や悩みの相談もできますから、自信がないところはそれでしっかりと補填してください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

転職する事に不安を感じることは普通の事です。

大切な事は『転職するリスク』と、『転職しないリスク』をしっかりと天秤にかけてみる事。

 

そして自分にとっての転職のリスクが何なのかという事を明確化して、乗り越えられるのであれば転職活動をするべきであると心得てください。

乗り越えられない、全く自信がない状態である時は転職する事はお勧めできません。

 

自分に自信をつけるためには『転職エージェント』に登録して、有益な情報やサポートを受けて、自信が持てない自分を補填してくださいね。

転職エージェントはブラック企業を避けるという意味でも有効ですのでお勧めです。

 

この記事で転職する事に自信を持てそうならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村