とても疲れる人間関係。嫌いでも働かなければ食べていけない。

 

『今の仕事が心から大嫌い』と思っている人は決して少なくはないでしょう。

仕事内容、職場での人間関係、顧客との関係、仕事量、待遇などそれら全てをあげるとしたら非常に多くの要素を書くことになります。

 

それだけ、仕事というものは自分の思い通りにはいかず、不満やストレスが溜まってしまうもの。

しかし、中には『仕事(内容)は好きだけど、働くという事がそもそも大嫌い』という人もいるのです。

 

仕事内容や人間関係、その他もろもろの事に不満がある中で、それでも働く理由は『生活していくためと答える人がほとんどではないでしょうか。

要は『お金を稼ぐ』という事が、仕事をする上での最大の目的であると言っても過言ではないでしょう。

 

お金は稼がなければならないが、仕事は大嫌いだし、働く事も嫌いという場合は一体どうすればいいのか。

この記事がそんな状態のあなたの道標となることを祈ります。

仕事なんて大嫌い!という場合はどうすればいい??

 

どんなにホワイト企業でも、完璧と言える企業はない。

 

あなたは仕事のどのような部分を取り上げて『大嫌い』と言っているのでしょうか。

大嫌いという表現を使用するという事は、もう辞めてしまってもおかしくはない状況下にあるという事が想像できるわけですが、転職・退職をしないのはなぜですか?

 

私であれば、大嫌いな仕事を我慢して続ける選択はできませんので、すぐに転職するか退職することを選択します。

それは長期間に渡り、1日8時間以上という時間を我慢して過ごすという事は、心身ともに病んでしまう可能性が非常に高いからです。

 

そうです。仕事が『大嫌い』という場合の最善策は転職または退職で、そこから離れるという事。

 

とはいえ、転職にせよ退職にせよ今の仕事を辞めるためにはそれ相応の準備が必要で、転職先がすぐに決まるとも限らないし、退職してから何をするかも決まっていなければ生活に困ってしまう。

転職を考えて辞めるのであれば、辞めるのは次の就職先が決まってからというのがサラリーマンを続けていくでは定石とも言える事でしょう。

 

そして転職ではなく他の道を選ぶなら、退職してから自分が進むべき方向を決めておく必要がある。

 

しかし、私はとにかく退職することを優先に考え、まずは『〇月〇日で退職する』という終わりの日を決めることを推奨します。

民法上は、退職を申し出てから14日で退職できることになっていますが、多くの企業は最低でも1カ月以上前に退職を申し出ることを就業規則などでうたっているでしょう。

 

終わりの日を決めてしまう最大の理由は、自分が積極的に動くため。

 

〇月〇日で退職すると決めてしまえば、それまでの間に色々と準備しなければなりません。

今のところ、多くの企業は人手不足状態にあり転職市場は売り手市場と言われていますので、仕事をしながらでも1ヵ月以上しっかりと転職活動ができるのであれば高確率で就職先が決まると言えます。

 

退職の場合でも、今後の自分の進路を決めるうえで1ヵ月もあればいろいろな方面の情報を得ることができますし、少なくとも何かしらのビジョンは見えるのではないでしょうか。

更に言えば、日本の労働者の多くは有給休暇が余っていますので、退職する前にそれらを消化してから辞めるとなると1か月間は丸々休めるなんて人もザラにいます。

 

退職日を決め、仕事をしながら少しずつ情報を集めて、有給休暇を利用して自分の転職先や退職後の進路をかためていくというのが王道と言ってもいいでしょう。

ですから、しっかりと動くためにまずは退職日の決定を優先して決めてしまってください。

働く事自体が嫌い。どうする??

 

働く事が嫌いという場合はチャンスだと捉えてよし。

 

働く事自体が嫌いというあなたは、サラリーマンの雇われるという働き方に疑問を抱いていませんか?

自分が一生懸命働いた結果として十分な成果を出し、その功績は会社には莫大なプラスであったとしても、自分にもたらされる利益は微々たるものであったり、ひどい場合は何も評価されなかったり。

 

頑張っている自分と、普通に働いている同期の給料は基本的には同じ。

これでは働く事も嫌になってしまいますし、まだまだ日本は年功序列の構造が根強く残っていますから非常に長い目で見なければ収入が劇的に変わることなどありえないのです。

 

しかし、それはサラリーマンであればの話。

 

働く事が嫌いというのであれば、働かずに収入を得るという事はできないものかと考えるのが普通であり、インターネットが普及した現代ではその方法も容易に調べることが可能です。

情報の真偽の判断や取捨選択はあなたの自己責任となってはしまいますが、間違いなく本物というものも数多くあります。

 

『サラリーマンの年収を月収として稼ぐ』なんてことが数年後に…という可能性を秘めているのは、ネットビジネス以外にありません。

 

『すぐ稼げる』とか『〇クリックで収益が発生』などと甘い言葉も数多くみられ、偽物も本当に多い業界ですが、しっかりと稼いでいる人も非常に多いという事もまた事実なのです。

そしてその稼ぐ額はというと、ハッキリ言って桁が違います。

 

働く事が嫌いという場合がチャンスであると私が言う理由は、そのネットビジネスの世界へ進みやすい状態にあるからです。

と言っても、ネットビジネスの全てが働かなくていいというわけではなく、満足に稼ぐようになるというのは簡単な事でもなく、苦労も多い。

 

ですが、諦めずに継続していけばいつか必ず稼げるようになる世界だともいわれています。

 

そしてそのビジネスはパソコン1台で完結してしまうというものも多く、自宅でできてしまうと言われれば魅力を感じざるを得ないでしょう。

働く事自体が嫌いという人は、今からでも遅くありませんしチャンスです。

 

自分が働かずに稼ぐという未来を掴むためにはどんな方法があるのかという事を、まずは自分でしっかりと調べてみてください。

あえてここにはそれらの種類については書きません。

 

自分で調べて自分でそれらの方法についてまた詳しく調べるという『自分で調べる』という癖をつけることがこれからは非常に大切になってくる。

この調べるという行動こそが、自分で扉を開けるという作業になるわけですから、じっくりと色々な方法を検索してみてくださいね。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

仕事が大嫌いという場合の最善策は転職・退職でその職場から離れる事です。

そして働く事が嫌いという場合はチャンスであり、働かなくても稼ぐことができるという世界について調べることが最善策でしょう。

 

転職を選ぶのであれば、まずは〇月〇日で辞めるという確実な日付を決める必要があります。

それが決まることで自分を動かざるを得ない状況に追い込むことで、確実に行動するという環境を作るということが大切であると心得ましょう。

 

次はサラリーマンにはならないという選択をするのであれば、新しい扉を自分の手で開けてみてください。

新しい世界を知るという事は、あなたの今後の人生に大きな影響を与えるとともに、それまではあり得なかった未来が手に入る可能性を広げるということでもあります。

 

これこそが最大のチャンスと言ってもいいかもしれません。それまでにはなかった素晴らしい未来を掴みましょう!

 

この記事で、進むべき道が決まりそうならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村