月曜の朝は長い1週間の幕開け...だから特に辛い。

 

朝になると仕事に行きたくない、そう感じたことはありますか?

仕事が嫌だったり、上司からパワハラを受けていたり、人間関係が上手くいってなかったり。

 

そういった仕事に対してマイナスな部分があったりすると、この症状は顕著に現れ、ひどくなると気持ちだけではなく、体にも不調をきたしてしまう場合もあるのです。

倦怠感、頭痛、腹痛、吐き気など様々な症状が現れます。

 

特に月曜日の朝というのは辛い。しかも、月曜日は週の中で最も自殺者が多い曜日。

 

私も前の職場に勤めていた時は、よくこの症状に襲われていました。

月曜日というのは非常に忙しいことが多かったため、遅くまで残業することはほぼ確定しているようなもの。心底嫌でしたね。

 

この記事ではどうして朝が来ると辛くなるのか、また対処法はあるのかを解説していきます。

仕事に行きたくない朝!ブルーマンデー症候群とは?

 

世界的にはBlue Monday(ブルーマンデー、「青の月曜日」)と言われ、休日明けの憂鬱な月曜日を表す言葉として認識。

 

『ブルーマンデー症候群』という症状をご存知でしょうか?

これは、休日明けの月曜の朝、気分がひどく落ち込んでしまい、朝の通勤時間になると、頭痛や腹痛などの症状があらわれる症状の俗称です。

 

普段仕事で貯まるストレスを発散できるのは、休日である土曜日や日曜日(休みではない業種も多々ありますが…。)ですよね。

その休日は趣味であったり、家族との時間であったり、休息であったり、仕事を忘れて楽しい時間を過ごします。

楽しくて楽しくて、時間も忘れて、気がつくと日曜日の夜…。ふと思ってしまうんです。

 

『明日からまた仕事…。』、『また一週間が始まる…。』と気持ちが憂鬱になり迎える月曜の朝。

 

起きると、休日の疲れが残っていたり、会社に行く時間が迫ってきたり...精神状態は最悪になります。

では、なぜこの状態になってしまうのか?

 

1番の原因は休日の過ごし方にあり。

 

一日中ダラダラしていたり、ゴロゴロ昼過ぎまで寝たり、昼間からお酒を飲んで、飲みすぎてしまったり。

生活の極端な乱れが原因である場合がほとんどです。

 

『せっかくの休日だし、たっぷり寝たい。』これ本当によくわかります。

『ストレス発散のために飲みに行きたい!』これも非常によくわかります。

 

しかし、平日の5日以上は朝早く起きて仕事に向かい、帰ったら深酒はせずに寝る。

多くの方は大体のリズムが決まっているでしょう。

 

そのリズムが休日になると突然狂ってしまうということです。

要は、自律神経のバランスが崩れてしまうことで起こる症状と言えます。

 

これと似た症状には日曜日の夕方に、同じく翌日から仕事という事実を受け入れなければならず、気持ちが下がるというものも。

これは日曜日の夕方、『サザエさん』が放送される時間帯から起こることから『サザエさん症候群』と呼ばれています。

 

朝になると仕事に行きたくない!対処法を解説!

 

究極の選択は会社に行かない。

 

原因は休日の過ごし方に起因するものが多いため、まずは休日の行動を見直しましょう。

長く寝ていたい休日も平日と変わらない時間に起床。翌日まで残るような飲酒をしない。

 

これだけでも大分違います。

ただ、これでは休日に満足できないという方も多いはず。

 

休日はとにかく楽しんで、結果として月曜日の朝に症状が出てしまった場合はどうするか。

調べると色々出てきますが、私が実際に試してみて効果があった方法を紹介します。

 

・朝に熱いシャワーを浴びる

もっとも簡単で、それなりに効果がある方法です。

熱めのシャワーを浴びることで交感神経が刺激され、体が活動するためのスイッチをONします。

 

・月曜日の仕事後に楽しい予定を入れる

仕事が終われば楽しいことが待ってると思うと頑張れます。

美味しいものを食べる、デートする、温泉に行くなど、疲れを癒せるような予定を入れてみましょう。

 

・早起きして、いつもより早く会社に行く

これはかなり効果がありましたね。

行きたくないのに早く行くの?と思うかもしれませんが、早く行くことで始業時間まで余裕ができ、当日の仕事の予定をイメージする時間が増えたり、メールの確認・返信ができたり。

 

ポイントは、一番乗りするくらいの時間に行くことです。

静かな職場で、朝にできることを少しこなすだけで、仕事の捗り方は全然違うものになります。

 

究極は会社に行かないこと、つまりは辞めてしまうことでスパッと解決しますが、実際はなかなか難しいですよね。

これを実現させるには、雇われでなくても食べていける状態になることが必須ですから。

 

まずは私も効果があった上記の方法を試してみてください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

朝になると仕事に行きたくないというのは、誰にでも起こり得ることです。

特に月曜日の朝には起こりやすいと言えるでしょう。

 

休日の過ごし方を見直し、改善できるところは改善する。

休日は好きに過ごし、月曜日に症状が出てしまった場合は...

 

・熱めのシャワーを浴びる

・月曜日の仕事後に楽しい予定を入れる

・朝、一番乗りで出勤してみる

 

これらを試してみてください。

 

仕事に行きたくないのは仕事に不満がある、仕事にストレスを感じている場合が多いもの。

仕事が楽しくて仕方ない人には起こらない症状ですから。

 

仕事自体を見直すこともとても重要だと心得ること。

そして、こんな症状から永遠に解放されたいと思う方は、雇われずに生きていくことにチャレンジしてみましょう。