転職を考えるうえで大切な事は、これからの自分の人生に何が必要かを絞り込めるかどうか。

 

学生時代を経て社会人となり、20代、30代をガムシャラに駆け抜け、経験も豊富となり役職もついて部下も増える40代。

見える景色が変わるとそれまで気付かなかったことに気付いたり、長年勤めてきた中で上層部が変わるたびに変わる職場の環境などにいつからか疲れを感じ、『このままでいいのだろうか。』『辞めたい。』と思っている人も少なくはないでしょう。

 

その直感的な感情は大切にしてください。

 

長年勤めていれば、誰しも1度や2度は『辞めたい。』と思う事もあるでしょうし、『今の会社ではなく違う世界に所属していたら今頃どうなっていただろう?』と思ったこともあるのではないでしょうか。

転職が当たり前ではなかった時代を必死に駆け抜けてきた世代は、今もなお転職にはどこか後ろめたさを感じがちですが、残りの人生を考えた時にそのままで本当に後悔はしませんか?

 

この記事は、40代の方が転職を考える時どうしたらよいかというお話です。

会社辞めたい…。40代での転職に必要な心構えとは?

 

現在の地位を捨てても優先すべきことがある。

 

社会人となり1度も転職を経験することなく40代となった場合、20年程度の経験があり職場ではすでにベテランといえる領域に達し、管理職という立場になっている人もいるでしょう。

そのような立場の人が転職する際にはどんなことが考えられ、どんな心構えが必要になるのか。

 

・収入が減る

よほど現在の職場の待遇が悪くない限り、転職先で現在よりも収入が上がるという可能性は低く、その多くは収入減となるでしょう。

その収入のギャップと、自分の家庭の事情とを天秤にかける必要があります。

 

マイホーム、自家用車のローンなど借金があるという状態での転職は注意が必要ですが、借金がないという場合や借金があっても月々の返済自体は多くないという場合には転職に前向きになっていいと言えます。

・現在の地位を捨てて新入社員となる

転職するということは新入社員となるということで、それまで築いてきた地位を捨てるということであり、部下の方が多い会社から自分が一番下という状態になるという覚悟が必要です。

我慢して働き続ければ、その職場では幹部クラスになれるのにそれを蹴ってまで転職する理由があるならばそれは転職するべきでしょう。

 

ある程度の年齢になり、いわゆる『名ばかり管理職』となっているような場合は転職を考えた方がいいですね。

・人間関係をイチから構築しなければならない

数十年働き、慣れた関係となった職場の仲間とは別れ、右も左もわからない場所に働きに行くということは言うまでもなく知らない人だらけの中に入っていくわけです。

またそこから新たな人間関係を構築していくというのは、本当に本当に骨が折れる作業と言っていい。

 

これだけで転職を躊躇してしまうという人も多いのではないでしょうか。

更には、良い人間関係が築けるという保障もないので、これが一番大変だと言っても過言ではありません。

 

ただ、同じ新入社員でも新卒の時とは違い色々な意味でたくさんの経験を積んできていますから、良い人間関係の作り方というものがわかっているという場合も多く、新卒の新入社員よりは職場に溶け込むのも早いということもいえるでしょう。

・生活のリズムが変わる

新しい環境に変わることで、それまでとは違う生活のリズムになります。

出勤場所が変わることで、朝起床する時間にも変化が生じ、それに伴い朝食の時間が変わったり、就寝の時間が変わることもあるでしょう。

 

これに関しては、変化に体が戸惑うのは長くても数カ月の間だけで時間が経てば慣れますが、わかっていても最初は疲れます。

 

以上いくつか挙げましたが、大事なことは転職をすると考えるキッカケは何だったのかということで、もっと言えば今の地位を捨ててでも得たいものがそこには存在しているということです。

現在の地位と待遇を捨てても得たいもの…私の場合は『時間』でしたが、あなたが得たいものはなんですか?

 

ブラック企業に勤め続けたという私の場合は、残業も多く自分や家族のための時間などあってないようなもの。

前職では残業だらけのブラックな会社に勤めていましたので、朝起きて出勤まで家族と過ごす時間はせいぜい1時間、長時間勤務が当たり前の職場でしたので、帰った時には家族は寝ている。

 

『家に帰るのは風呂に入って寝るため。』というような生活をずっと続けてきたわけですが、これってやっぱりおかしいですよね。

 

そう思った私は、まずは退職するということを優先にし、その後の事は退職後に考えることにしたのです。

何かを得るためには何かを失うということはよく言われます。

 

私の場合は『時間』を得るために、『仕事』を失いましたというか、仕事を切り離しました。

それでも、得たものと失ったものを天秤にかけたら時間の方がずっと重いですし、自分の選択には何も後悔していません。

 

私のような『時間』ではなく、人それぞれ優先するものには違いはあれど、今の仕事が原因でそれが得られずにいて環境が変われば、転職すれば優先したいものが得られるというのであれば、そこは迷わず転職してしまうべき。

残りの人生が大きく変わるかどうかのポイントだと思って差し支えないでしょう。

40代で転職は今も不利??

 

20代と比べると不利と言えるが、求められているものが違う。

 

『40代での転職は厳しい。』この言葉を聞いたことはありますか?

確かに今でも言われている言葉ですし、そう思う人の方がまだまだ多いのではないでしょうか。

 

しかし、数年前と比べて40代の転職者数はとても多くなっていて、それは急激に増えているということをまず覚えておいてください。

その就職市場における変化は、若者が集まってこないということも一つの要因ではありますが、企業が即戦力を求めていることやマネジメントスキルを持っている人材を求めているという背景があると言っていいでしょう。

 

20代の新卒を採用するということは、企業側からすると『先行投資』をするようなもので、仕事ができない状態の人に給料を払い続け、成長するに連れて仕事で結果を出してもらう事で投資分を徐々に回収します。

それとは違い40代を採用で求められるのは、いうなれば投資以上のものを『即回収』することであり、新卒とはスタートの期待値に大きな差があるのです。

 

こういってしまうとプレッシャーとなってしまうかもしれませんが、『即回収』ということは新卒にはできないことであり、言い換えればそれは40代ならそれができるということ。

あなたが経験してきたことは新卒にはわからない事ばかり。

 

その経験こそが最大の武器であり、超人手不足とも言われる現代社会に求められる貴重な人材となり始めているのです。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

40代で転職を視野にいれる時は、その後の人生に必要なものを絞り込み、転職する事でそれが得られるかどうかということをまず考えてみてください。

そして、同時に『収入を減らす勇気』、『現在の地位を捨てる勇気』、『人間関係をイチから構築する勇気』、『生活のリズムを変える勇気』を持ちましょう。

 

企業側が40代に求めるものは20代のそれとは違うということを心得るべし!

 

即戦力、マネジメント経験などあなたの豊富な経験が活きる企業は必ずあります。

人生100年時代と言われる現代、今40代なら残りの人生は単純に60年近くあり、そのうち働く期間は30年近くあるわけですからまだまだ遅くなんてありません。

 

あなたが行動すれば人生は変わるし、人生は変えられるのです。

 

この記事で、40代での転職に光がさしたならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村