気分が乗らないのは心に疲れがあるから。

 

昨日まで特に問題もなく仕事に行ったはずなのに、今朝は気分が乗らなくてめんどくさいしどうしても行く気になれない…あなたはこのような経験はありますか?

そして、そのような気持ちになった時、実際に仕事を休むでしょうか。

 

本当に休んでしまうという人は少なく、多くの人がそれでも会社に行くという選択をすることでしょう。

ここで聞きます。

 

気分が乗らず、どうしても行きたくないからと仕事を休むことは間違いだと思いますか?

 

私に言わせれば、その状態は心が疲れているというサインを出しているようなもので、休まないという選択をすることは大間違いです。

そんな状態のまま頑張り続ける必要などなく、優先するべきは心身の休息。

 

この記事は、気分が乗らない時は休んだっていい。そんなメッセージを込めて書いていきます。

気分が乗らない…あなたの身には何が起こっている??

 

行きたくないけど行かなければならないというプレッシャー。

 

『仕事が嫌だ、嫌いな上司がいる、今日の仕事は苦手だ…でも行かないと』とか『休み明けで仕事に行くのがめんどくさい…でも行かないと』などと思ってしまうと気分なんて乗るわけがありませんよね。

つまり、気分が乗らない時というのは『嫌だけど、それでもやらなければならない』というような状況にある時と言えるのではないでしょうか。

 

『やらなくてもいい』という状況下の場合は、そもそも嫌だから気分が乗らないという現象自体が起こらない。

しかし、仕事を辞めなければそんな状況は作れないでしょう。

 

気分が乗らない日があっても『休みたいけど、休んではいけない』と思う人が大半で、その結果無理をしてしまうというわけですが、その状態で頑張ることは体にも心にも相当な負担をかけるということに気付いてください。

更に、『問題なく休むためには正当な理由がなければならない』という考えも、休めないという状態を作り出してしまっています。

 

『嫌だけど、それでもやらなければならない』、『休みたいけど、休んではいけない』、『休む時は正当な理由がなければならない』という3つに共通することは自分にプレッシャーをかけているという事。

つまり、自分で自分にプレッシャーをかけてしまっているということこそ、気分が乗らないという症状が生まれる原因といっても過言ではないのです。

 

何日も連続で休んでしまうということは、さすがに仕事も滞るでしょうし、会社にも同僚達にも迷惑をかけることになりますが、単発で一日休んでしまっても会社という組織にはほとんど影響はありません。

会社に報告するときも『突然の高熱』で十分です。

 

状況によっては休むことが最優先となる場合がありますので、自分の体としっかり向き合って、休む勇気を持てるようになりましょう。

後ろめたい気持ちがあるのであれば、休んだ後にリフレッシュした状態で挽回してやればいいのです。

気分が乗らない時もめんどくさい時もある!

 

どうしても辛い時は何が何でも休んでほしい。

 

こんなことを記事にすると、なにを甘ったれたこと言っているのかと厳しい意見も聞こえてきそうですが、私としてはやはり無理をしてまでやる仕事には価値を見出せません。

無理をしてやることが美徳としてあるような会社であったり、そんな人だけが評価されるような会社であれば、私なら明日にでも退職届を出しに行きます。

 

感情がある人間ですから、気分が乗らない時も、めんどくさくてたまらない時も、辛い時もあるでしょう。

それらの感情が原因で、どうしても行きたくないことだって私自身も前職時代にはありましたし、これくらいはあって当然の事だと言い切れる。

 

そこで無理をして出社すると、思い切って休むとでは後々に大きな差があります。

 

無理をする人は、次同じような事があった時にまた無理をしてでも出社するということを選び、体も心も疲弊していくのです。

思い切って休める人は、その休みがもたらす体へのプラスの影響を体感しますので、まず休むことの大切さを理解し、『休む』という仕事もあるのだということがわかるでしょう。

 

休むことを最優先にしなければならない時がある。

 

という私は、無理してでも出社するタイプで、気分が乗らないどころか体調不良でも38度台の発熱程度であれば『何とかなる』と言い聞かせ仕事に向かっていました。

しかし、ある時『家族の体調不良』のため、どうしても会社を休まなければならないと言いう状況になり休んだことがあります。

 

その日も朝起きた時は、気分が重く辛かったことを覚えていますが、『行かなきゃ』と思ってはいたものの上記のような事になり一日休むこととなったのです。

仕事の事は忘れ、その日は家族のために買い物したり、落ち着いた時には一緒に寝たりと特に意識的に変わったことはすることもなく普通に過ごしていたつもりでしたが、翌日の目覚めがまず違いました。

 

仕事の事を忘れられたことも大きかったのですが、平日に一日仕事から離れて休むだけでこんな違うのかと思ったのと同時に、今まで無理しすぎていたのかと考えさせられた瞬間でもあり、この日が無理するということは辞めようと思った日となったというわけです。

私は、休むことで̟体のプラスの影響を体感しているからこそ、こういう時には休むべきなのだと言い切れる。

 

明日、気分が乗らない状態になっていた時には、是非この記事を思い出して休むという選択をしてみてください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

休むことに抵抗がある人や、後ろめたい気持ちになる人はまだまだ多いですし、そのこと自体は悪い事だとは言いません。

しかし私は、無理してまで会社のために体を酷使することは間違っていると言いたい。

 

自分の体のために休むことを最優先にしなければならない時があると心得るべし!

 

どうしても無理な時は何が何でも休んでください。

その『休む』という仕事は、後々のあなたにとって大切な仕事となり、適宜それを行う事で仕事のパフォーマンスも向上する事でしょう。

 

少しの事で休んでしまうという癖がついてはいけませんので、体としっかり相談して、これは休むべきという判断をきちんとしたうえで休むようにくださいね。

この記事で、明日の朝に気分が乗らず仕事に行きたくて仕方がなかったら休もうと思えたならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村