職場が原因でうつ状態にある人に最も必要なことは、その職場と縁を切り休養する事。

 

あなたはブラック企業と呼ばれる職場の環境人間関係に疲れる日々を過ごし、いつの間にか沈んだ気持ちのまま仕事をするような日々を送ってはいませんか?

気持ちの浮き沈みはどんな人にでも必ずあるものといえますが、中には沈んだ気持ちのまま浮き上がってこれないという状態になってしまう人もいるのです。

 

それが朝に顕著にみられ、夕方に症状の軽減が見られるような時はうつ状態のサイン。

 

あなたが今まさにそのような状態であるならば、その職場を離れる準備に入りましょう。

『まだ大丈夫』なんて思ってはいけません。

 

時間経過と共に回復するのであればまだいいのですが、そうではなく悪化するという場合は日常生活に支障をきたすことを意味します。

そうなる前に、主原因である現在の職場から離れることが最優先となるのです。

 

この記事では、そんなうつについてのお話と退職して後悔しないためにどうするかというお話をしていきます。

こんな時は気をつけろ。うつの前兆とは!?

 

自分では気づきにくいうつのサイン。誰かの指摘は真摯に受け止めよ。

 

周りにいる人であれば、『なんかいつもと違う…』とか『どこか変だ。』といった違和感を見逃さないようにしてください。

うつ状態というものは本人は気付いていない場合も多々見られることから、職場であれば上司や同僚が、家庭であれば家族が少しの異変をキャッチしましょう。

 

当然、言われた本人もそのことを真摯に受け止め、『今の自分は何かおかしい』と自覚することも必要になってきます。

では、どんなことが起こり得るのか。

 

職場であれば…

・作業が遅い、ミスが増える

・イライラしている、集中力に欠ける

・遅刻や欠勤が多くなる

 

家庭であれば…

・食欲がない

・ボンヤリとしている

・趣味が楽しめなくなっている

・楽しい、喜ぶといった感情が出なくなる

 

といったところですが、上司や親しい同僚、そして家族がこれらのサインを感じ取ってほしいのです。

特に家庭においては、毎日同じ食卓を囲む家族が『食欲がなくなる』というサインに気付きやすいという事が言えますから、好きな食べ物でも食欲がないという状態が見られた場合は要注意です。

うつが原因で退職…後悔なんてしなくていい。

 

必要なことは十分な休息であり、合わない職場で頑張ることではない。

 

まず最初に言っておきますが、職場が原因であなたがうつ病であると診断されたり、うつ気味であると自覚した時は迷わず退職の準備に入りましょう。

その職場でのストレスを退職せずに受け続けるという事は非常に危険なのです。

 

というのも、人や動物は長期に渡りストレスを浴び続けるという環境下に置かれると、その環境から抜け出そうという事をしなくなってしまいます。

これを『学習的無力感』といって、ブラック企業などのストレスの多い職場にいながら辞めない人が一定数いるというのもこれが当てはまるのではないかと言われているわけです。

 

必要なことは休息ですが、休職ではいけない理由は職場復帰するという事は、また同じことを繰り返す可能性が非常に高いから。

 

うつが原因での退職となると、心無い人は『甘えている』などと言ってくることもあるでしょう。

しかし、甘えなどではなく事態は深刻ですので、そんな言葉は一切無視していいのです。

 

最善は退職する事ですが、踏み切れない、あるいは退職するときっと後悔するという人の理由の中には経済的なことも含まれているでしょう。

確かに生活していかなければならないし、治療が必要となれば医療費もかかってくるのである程度の金銭的余裕がなければ退職するという事に躊躇いが出ても不思議はありません。

 

ですが、何度も言いますが必要なことは心身の休息です。

 

退職してしまう事で後悔することがあるとすれば、それは『退職さえしなければもっとましな生活ができていたのに…』といった金銭的な面で困った時でしょう。

その他にも『転職する際に不利になってしまった』という声も聞こえてきそうですが、就労移行支援というものもありますのでそこは心配することはありません。

 

金銭的な余裕がないのであれば、ここで紹介するマニュアルを参考になさってみてはいかがでしょうか?

このマニュアルを使えば、公的な制度を利用し、無理に働くことなく4年間でおよそ1000万円もの不労所得が手に入るというものです。

 

『怪しい…』と思っても仕方ないかもしれませんが、これは労働者に与えられた権利を利用するだけなので違法でも何でもありません。

しかも、得られる1000万円は非課税なので、そのまま受け取る事ができます。

 

4年間ゆっくりと療養できて、金銭的にも困ることがないというこちらのマニュアルはまだ退職するという意思が固まっていないという人にとっても安心材料として持っておいて損はないものですし、むしろ自分の未来を変えるためのチャンスであると思ってもいいでしょう。

 

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】 不労所得で働かずに約1000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!) 

 

 

 

これを上手く利用し、後悔のない退職をして、お金を貰いながらゆっくりと疲れている心身を休めてみてはいかがでしょうか?

4年後には明るい未来が待っていることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はうつの事、そしてうつになったなら最善は退職ということをシンプルにまとめさせていただきました。

私はブラック企業に勤めていましたので、うつになった人を何人も見てきています。

 

会社はその時何をしてくれたかというと、何もしてくれません。

 

それを目の当たりにしたときに、職場が原因でうつになったら退職が最善だなと思ったのです。

その職場ではストレスチェックというものが年1回行われていましたが、私はいつも『高ストレス状態』にありました。

 

うつは誰でもなる可能性のある病ですので、そのサインを見落とすことが無いように、そして自分でもいつもと違うという感じがあった時は楽観視せずに『自分は何かおかしいのではないか?』という疑問を持つことが大事であると心得ましょう。

そして、およそ1000万円を労働者の権利を利用して受け取れるマニュアルがあるという事も覚えておいてください。

 

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!) 

 

 

この記事で、後悔することなく退職できそうならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村