会社という場所は理不尽だらけであり、その中の代表は『上司』である。

 

あなたは上司や先輩からの理不尽な要求に苦しんでいませんか?

要求に素直に従わないと怒られ、『間違えてもいいからとりあえずやってみろ。』と言われて、本当に間違えると烈火のごとく怒られる。

 

仕事をする上で『理不尽だな。』と感じたことがあるという人はかなり多く、それが原因で仕事に嫌気がさし、今まさに辞めたくなっている状態であるという人もいるでしょう。

違うケースでは、理不尽と感じながらも『サラリーマンであれば上司や先輩なんてこんなものだ。』と耐える日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか?

 

言うまでもないのですが、サラリーマンの世界は理不尽だらけ。

 

この記事は、そんな『理不尽』についてのお話です。

会社が理不尽だからもう辞める!…その前に。

 

『理不尽だから辞める。』それでも構わないが、その前に本当に理不尽なのか冷静に考えてみよう

 

まず『理不尽』という言葉に意味をちゃんと理解しているでしょうか?

理不尽:道理をつくさないこと。道理に合わないこと。また、そのさま。

 

簡単に言うと『物事の筋が通ってない』、更に簡単に言うならば『無茶苦茶な事』と言えるでしょう。

その時の気分によって指示の内容が違ったり、状況によって言う事が変化したりという経験がある人は非常に多く、その『無茶苦茶な事』を平然とやってのけるのは大体が『上司』です。

 

あなたは次にあげるような経験はありませんか?

 

・仕事を進める上でわからないことに直面した時に上司に相談『自分で考えてやってみろ。』と言われる自分で考えてやった結果は上司が求めていたものではなかったわからなかったら聞け!』と怒られる。

 

・指示されたことをしっかりやる『言われたことしかできないのか。』と言われる指示された以外の事も進んでやってみる『余計なことはしなくていい。』と言われる。

 

・上司から『困ったことがあったら手伝ってやるから遠慮なく言え。』と言われるどうしても手が回らないので『手を貸してほしいのですが…。』と上司にお願いする『無理。』という一言。

 

理不尽と感じるでしょうか?これらは、私の前職で実際にあったことで、私の他にも同じような経験をした同僚が数多くいました。

不満を持っている社員が多くいましたから、仕事のパフォーマンスはかなり悪かったですし、『これからもこんな理不尽なこと言われるくらいなら辞めた方がマシだ。』という人も多かったです。

 

では、こんな時にできる対処法はあるのでしょうか?

 

まず一つ大事なことは、それが理不尽かどうかを冷静に判断すること。

言われたことに腹が立ち、怒りを抑えられないままに『理不尽だ』と自分の中だけで判断を下してしまっている可能性があります。

 

というのも、その時は理不尽だと思っていても、あとから振り返ってみると『仕方ないことだった』とか、『そうせざるを得ない理由があった』とか、『理不尽だと思っていたことは、全てが理不尽ではなく自分が成長するために必要なことだった』など、時が経ってから納得する場合というのも多くあるからです。

これは、そうなってしまった背景について事細かに説明してくれるという上司は少なく、まず先に指示が飛ぶケースが多いということも関係していると言えるでしょう。

 

しかし、私が経験してきたような事例は、ただの理不尽。このような場合には、【毅然とした態度】【会話(指示)の録音】をお勧めします。

そして、それを同僚数人と協力して行ってください。

 

例えば、気分によって指示がコロコロ変わるような上司に対しては、『先ほどはこういう指示でしたが、どちらを進めればいいでしょうか?先ほどの指示も録音していますがお聞きになりますか?』と言ってみましょう。

上司がそれに対して怒りをぶつけてくるのであれば、『では、〇〇部長に相談してみます。』など、上司の上司に相談するという旨を伝えるのです。

 

今の時代、本格的なボイスレコーダーなど買わなくても、スマホで簡単にボイスレコーダーのアプリが手に入りますから、アプリを起動させて胸ポケットにでも入れておけば録音はできます。

証拠を残しておくというのは、理不尽に対抗する上では大きな武器となることでしょう。

 

それで更にひどい仕打ちをしてくるような上司であって、会社側が何もしてくれないのであれば、見切りをつければいいのです。

 

理不尽なのは当たり前!耐えることを選ぶなら…。

 

理不尽なことを耐えるという選択をするならば、褒める。

 

会社という組織に属している以上、理不尽な事というのは当たり前と思っている人も多くいるでしょうし、そういう人達は、理不尽なことがあっても耐え続けていますよね。

では、耐えることが前提にあるのであれば、少しでも楽に耐えられる方法はないでしょうか。

 

やる価値があることは、相手を褒めること。

 

できれば、その相手がいない時に社員同士の会話で褒めることが望ましいでしょう。

これは単純な話で、あなたは自分を褒めてくれる相手に対して嫌なことをしてやろうと思いますか?

 

褒められて嬉しくない人なんていないですし、それが他人の口から『あの人がこう言ってました。』なんて伝わった時には直接褒めるよりも嬉しさは倍増。

少しずつ褒めることを続ければ、いつか必ず相手の耳に入ります。

 

相手がいない時に、褒める事なんて直接言うよりも簡単ですし、その少しの事が相手を大きく変化させることに繋がるので、あなたが耐えるという選択をするのであれば是非やってみてください。

これはかなり効果があって、耐えていたはずが次第に楽になっていって、いつの間にか上司からの理不尽な要求がなくなったという日が訪れるという事も十分に期待できますよ。

まとめ

 

いかがでしたか?

まだまだ会社という組織の中では、理不尽という言葉がなくなることはないでしょう。

 

それに対して不満を持っているのであれば、辞めてもいいのですが、まずは冷静に判断してみましょう。

『当たり前』と思っていて、耐えるのであれば、楽になる方法を試してみることをお勧めします。

 

あなたが感じている理不尽に怒るだけでなく、『成長のために必要なのかもしれない』と思う事も時には必要であると心得てください。

 

私が出した結論としては、辞める事も耐える事も『理不尽』が多い現代社会では正解。

辞めるという事まで考えていないのであれば、耐えればいいですし、耐えることが辛くなってきたのであれば辞める事を考えるべきなのです。