サラリーマンに人気でスマホでもできる副業は…物販。

 

現在の給料では満足できない、もう少し収入が欲しいというサラリーマンは数多くいる事でしょう。

現在の給料が突然月にプラス1万円されるなんてことは、サラリーマンであればありえない事ですし、定期昇給などで基本給が1万円上がることも今のサラリーマンでは稀な事と言えます。

 

そんなサラリーマンでも空いた時間にできて、お小遣い程度~やる気次第ではサラリーマンの月収以上の額を稼げてしまう副業の定番とも言えるのが「物販」です。

この転売という手法は十数年以上も前から存在しますが、色々なビジネスの形が生まれては消える中で、今もなお消えずに残っています。

 

「安く仕入れて高く売る。」

このシンプルな商売の形は、今後も継続してサラリーマンに人気の副業となっていくでしょう。

 

この記事はそんな物販に関するお話です。

やりやすい副業、『物販』とは?

いかに利益の取れる品物を見つけるか、『リサーチ力』が重要となる。

 

まず最初に言っておきますが、物販がなぜ人気でやりやすい副業であるかと言うと、『誰でもできる』という一言に尽きます。

インターネットが普及した現代では、更に『在宅でもできる』というプラス要素まで追加されました。

 

・利益が出る品物を見つけて仕入れる

・プラットフォーム(Amazon、楽天など)にその品物を出品する

・売れた時点で利益確定

 

と言うわけです。

 

インターネットが普及していなかった頃は、利益が出る商品があったとしてもそれを売る店を持たなければならなかったり、店があったとしてもそれを買う人がいなかったりと、セールスも集客も個人では非常に難しかった。

それがインターネットが普及した現代では、プラットフォームに出品する(自分の店を持つ)そのプラットフォームには毎日数百万ものアクセスがある(見込み客ではあるが自動で集客ができる)ので個人でもビジネスができてしまう。

 

ただ、やみくもに出品したところでそれが当たり前に売れるかと言うとそうではないので、そこで大切になってくるのが売れる商品をいかに見つけるかという『リサーチ力』でしょう。

もう一度言いますが、Amazonや楽天などに出品するという時点で、『集客』と『セールス』というビジネスの重要な要素は自動的に完了していますから、あなたがやることは売れる商品をリサーチして『安く仕入れて高く売る』ということ。

 

これだけです。

 

ただ、プラットフォームに店を持つという事は少しだけ費用が掛かります。

それでも、実際に自分で店舗を構える莫大な費用を考えれば安いもので、販路(出品先)を仮にAmazonにするならば、月額たったの4980円。

 

それだけの費用で1日に何百万人という人が来店するショッピングモールに自分の店を開店させることができるようなものなのです。

 

話は少し戻りますが、『集客』と『セールス』は自動でプラットフォームが行ってくれるので、あなたがやることは『リサーチして出品する』という事をお話しました。

では、どうやってリサーチするのか。

 

それにはモノレートという非常に優秀で役立つツールを使います。

このツールはAmazonで販売されている商品のランキングや価格変動、出品者数を確認することができて、なんと誰でも無料で使う事ができるのです。

 

モノレートはこちらから

 

【実際のモノレートの画像】

 

使い方としては、検索窓に…

・商品名

・JANコード(一般的にはバーコードです。)

・ASIN(Amazon独自のバーコードのようなものです。)

・型番

 

上記のいずれかを入れて検索するというだけで非常に簡単なので、試しに自分の身の回りにあるものを検索してみてください。

あなたのすぐ近くに意外なプレミア商品が眠っているかもしれません。

 

売れそうな品物を見つけたら、モノレートでまず検索して実際に売れているのかどうかをランキングで確かめ、仕入れ価格と比較して利益が出るなら仕入れる。

売れていないのであれば仕入れる必要はない。

 

リサーチはザックリと言ってしまえばこの作業の繰り返しと言っていいでしょう。

ここまで読んでみてどうでしょうか?サラリーマンであるあなたにもできそうな気がしてきませんか??

本当に稼ぐことができてスマホでも完結できる?

 

副業を始める時の目標設定は低く持つことが大事。

 

これは多くの人が陥ってしまう事なので、ここでまず言っておきますが副業を始める時、『年収1000万円を目指す』とか『月100万円稼ぐ』というように高い目標を設定してしまう人がとても多いのです。

これは挫折に繋がる一つの要因でもあります。

 

ですから、まずは『月に1万円稼ぐ』とか『3万円稼ぐ』という低めの目標を設定しましょう。

 

そして、それができたのであればそれを毎月継続するということが次のステップであり、しばらくは低い目標設定で継続させることが大切です。

何よりも大切な事は『継続』で、それは例え月に1円も稼げなかったとしても諦めないということ。

 

始めたばかりでいきなり大きく稼ぐことは難しいでしょうから、まずは1円でもいいから稼ぐ…つまり、ネットビジネスで0が1になるという最も大事な経験をしてほしいのです。

 

そしてここで言わせてもらうと、スマホだけでも物販は完結します。

 

もちろん、色々なツールを使うという事を考えれば、パソコンはあるにこしたことはありませんし、将来的には自分自身でパソコンが必要と思う可能性が高いです。

しかし、スタートの段階ではスマホがあれば十分で、今はメルカリやラクマなどのフリマアプリも充実している時代ですからまずは自宅にある不用品を出品するというところから始めることをお勧めします。

 

そして、月1万円を継続して稼ぐことができるようになったら、Amazonの月額4980円を払ってもお釣りが来ますからそちらに店を構えてもいいでしょう。

メルカリやラクマで仕入れてAmazonで売るという事も十分可能ですから、慣れてきたころには色々な仕入れ先と販路を試してみるのも面白いですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

物販はサラリーマンでもできる副業であり、『安く仕入れて高く売る』というとてもシンプルなビジネスです。

お小遣い程度~やる気次第では脱サラも夢ではありません。

 

最初から『月に100万円』稼ぐなんてことは難しいので、初めの目標設定は低くするという事を心がけましょう。

そして何よりも大切な事は『継続』であると心得てください。

 

まずはスマホを使ってメルカリなどで、不用品を売るところからスタートして0が1になるという経験をしてください。

 

慣れてきたらAmazonや楽天を利用して、諦めずに継続し経験を積んでいけば本当に数年後にはあなたは脱サラしているかもしれません。

これからは個の時代でもありますから、自分で稼ぐことのできないサラリーマンは貧しい思いをしていくという事も言われていますので、自らの力で稼ぐというスキルを身に付けていきたいですね。

 

この記事で、さっそく物販を始める気になったならポチッとお願いします。

 


人気ブログランキング 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村